会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
9月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2018年09月18日(火)

奈良・秋篠寺(アキシノデラ)で古都の秋を味わう [紅葉めぐり]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

駐車場近くの秋篠寺の土塀

2014年11月20日に、ハニットアゼリアツアーの取材で、奈良市の郊外にある「秋篠寺(アキシノデラ)」を訪ねました。(※上記をクリックすると、掲載記事をご覧頂けます)
いま、当時スペースの都合で掲載できなかった写真を眺めると、マイペースで観光するのにも適していることが、良く分かります。
まずは、駐車場に車を置いて、この土塀沿いに歩を進めましょう。

画像(180x126)・拡大画像(580x406)

奈良市の観光マップの一部

こちらは、秋篠寺南門そばにあった奈良市の観光マップの一部です。
この地図の左上にある「秋篠寺」から、(地図右側)東南東に6.9q程先に、東大寺・奈良公園・春日大社があります。
徒歩でも、約1時間半弱で行き着く距離です。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

秋篠寺東門

土塀に沿って1分ほど歩くと、この「東門」があります。
ここには、入場受付はないので、そのまま門をくぐります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

香水閣

東門を入って、趣のある紅葉(全山紅葉の迫力も良いのですが、所々に見かける異なる種の紅葉を見るのもまた良し)を見つけつつ、少し歩くと、この「香水閣」があります。
香水閣についてと、そこに至る道については、以前の記事をご覧ください。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

味如甘露

“味如甘露(アジカンロノゴトシ) 清浄香水”と彫られた一組の石柱が、ここから良い水が出ることを謳っています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

さらに土塀に沿って進む

香水閣を過ぎて、さらに土塀に従って歩みます。
それにしても、この所々に顔を覗かせている紅葉の風情は、一人、或いは二人で歩くときにこそ、その真価を表すのだろうと、古都奈良の良さが分かるような、そんな気がします。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

南門からの参道

やがて土塀は途切れ、前回もお見せしたこの「南門」からの参道との合流点に辿り着きます。
ちなみに、平安時代末期に戦火で大部分が焼失し、鎌倉時代に現在の本堂が再興されましたが、金堂や東西両塔の跡は、いま歩いて来た雑木林になっています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

南門

確か、南門が正式な正面門だと聞いていたので、一旦南門から外に出て、改めて南門から入り直そうと思いました。
(写真の門の奥が、いま出て来た参道になります)
ここに、2枚目にご紹介した「奈良市観光マップ」が立っています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

八所御霊神社

さらに、この南門の手前に「八所御霊(ハッショゴリョウ)神社」の赤い鳥居があります。
この神社は、「秋篠寺」を悪霊から守るために立てられた神社で、元々は六つの非業の死を遂げた貴人の霊を慰めるものであり、その後二霊が加わって、八所御霊となった訳です。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

林の中の参道

もう一度南門をくぐり、参道に復帰して、少し進むと、先ほどの東門から来た道と合流するので、左の細道をとって林の中を進みます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

静かな林の中の参道は、京の有名寺院に比べると静けさもあり、いい感じです。
また、深く柔らかな苔に覆われた林は、前回記事でも触れているように“大和の苔寺”にふさわしい、ゆったり感を醸し出しているようです。

次回は、本堂とその周りの伽藍と紅葉を深彫りします。

Posted by 小池 泉壬 at 20時58分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2017年10月13日(金)

速報!2017年秋「華厳の滝・中禅寺湖」 [紅葉めぐり]

画像(320x208)・拡大画像(600x391)

はとバス日光の旅

2017年10月12日(木)に、東京駅発のはとバス「日光・中禅寺湖周遊」のバスツアーに参加しました。
いろいろなお話は、後日に語らせて頂くとし、まずは気になる今年の紅葉情報のひとつとして、ご覧ください。
このところの雨情報に悩みつつ、強行したバスツアー参加は、参加の皆さんの心がけか、なんとか晴れ間もあったバス旅になりました。
日光方面の紅葉としては、ハシリの状態ですが、男体山など、山の上の方は、大分進んでいる印象でした。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

華厳の滝エレベーターに向かう

当日はウイークディということもあり、行程が順調に進んだので、まず「華厳の滝」に立ち寄りました。
駐車場近くの「上の展望台」に行く前に、エレベーターで下から見上げたい方は、小学生の旅行との競合覚悟で、まずエレベーターで、と進められ大部分の参加客と共に、発券所へ。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

下の展望台から見た周辺の紅葉

すごい数の小学生たち(修学旅行かな)と、2基のエレベーター(大人は30名定員、子供4〜50人?)がフル稼働で、100m下の、滝壺展望台へ。
三層の展望台の、上の階からの山腹の紅葉は、こんな風でした。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

華厳の滝

一応、華厳の滝もどうぞ

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

車窓の中禅寺湖

そして、バスは昼食会場の「中禅寺金谷ホテル」に向かい、やがて車窓に「中禅寺湖」が。
このような黄葉とともに、眺められました。

画像(180x120)・拡大画像(580x388)

中禅寺金谷ホテル

そして、日本最初の西洋ホテル「日光金谷ホテル」の、中禅寺湖畔の林の中に建つ「中禅寺金谷ホテル」に到着します。
名物の、玄関前の紅葉「ヤシオツツジ」が見事でした。

画像(180x122)・拡大画像(570x389)

こちらが、その「ヤシオツツジ」です。
その前の石は、天皇・皇后両陛下のご宿泊記念の碑です。

ホテル内の様子、頂いた昼食、お土産などは、後日ご案内させて頂きますので、お楽しみに。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

下りの第1(上りが第2いろは坂)

帰りの第1いろは坂の紅葉は、近景(バス近く)はこんな感じ、遠くの山々も大分色づいておりました。
これからお出かけの方の、ご参考になればと思い、琵琶湖博物館Aの前に、はしょってご案内しました。

Posted by 小池 泉壬 at 18時48分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2009年11月08日(日)

富士の裾野の紅葉が終わる前に [紅葉めぐり]

画像(320x212)・拡大画像(550x365)

とよてつバス旅ガイド」を制作していることは、右のリンク案内でも、以前にも触れておりますが。
取材は、時間と費用の都合で、車で行くことも多々あります。
で、
10月末ころに富士山周辺を訪ねた折、こんな紅葉トンネルに出会いました。

画像(180x102)・拡大画像(500x286)

豊鉄ハニットアゼリアツアーの「河口湖・富士山麓周遊」を中心とした取材で、朝霧高原を数ヶ所撮ってカーナビの命ずるまま、国道139号から脇道に入り、河口湖方面目指して県道71号(富士宮鳴沢線)を走ったのです。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

最初は、この程度の眺めだったのですが、

画像(119x180)・拡大画像(345x520)

進むにつれ(上のカーナビの風穴、氷穴のあたり)、一番上の写真や、この写真のような紅葉トンネル、

そしてこんな黄葉トンネルに出会ったので、あいにくバス旅のコースではないのですが、一応紅葉情報としてご案内しました。

画像(320x212)・拡大画像(550x365)

Posted by 小池 泉壬 at 23時46分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 1 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.