会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
1月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2008年12月31日(水)

狸糞蛇咬…立入禁止も京の古刹らしさが [京都紅葉日帰りバス旅]

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

東福寺にまだおります。
このまま、年を越してしまいます観光バス旅・京都編。
しかし散った紅葉もまた風情があるもんですねぇ。
そこがわかるようになったのも、私めのお歳のせいもある、とは言わずにそこはそれ、和の心ですよ、和の。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

カナダに行った方が、あちらの紅葉はそりゃぁすごい、
でもずっと見てるとねぇ、と言われたのを伝聞しましたが、この紅葉はめりはりがあると言うか、うまいことバランスが取れてるんですねぇ。
皆さんのカメラも大活躍でしたが、撮るよりも、という方もいらっしゃいますが、こうして帰って見るのも、ね。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

こちらは「庫裡」です

京都の旅の良いところは、お寺でしょ。寺院建築と紅葉の取り合わせは、ありきたり、という先入観を越えて、やっぱりしっくりくるなあ、と思わせることですよね。
で、東福寺の様々な寺院を前回ご覧に入れましたが、大型のがまだまだ控えております。

通天橋を紅葉を見ながらぐるぐる回って、元の場所に戻ると、次は境内の中の、見落としてはいけなそうな場所を見る、となります。それこそが、物見遊山なのです。見る、が知覚認識の80%とかになっている、人類の好奇心の発露です。
で、私の知覚は、看板の「特別公開」の文字に惹かれた訳です。

画像(320x212)・拡大画像(550x365)

この橋は第三の橋「偃月(エンゲツ)橋」

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

観光客の方に隠れている文字は「国宝 竜吟庵」で、完全に盛りを過ぎていた偃月橋の景色は、さらっと見て、その先に進んだのですが、おお、お庭が。

画像(180x119)・拡大画像(640x424)

そのお庭が、国宝だったのかどうかも分からず、さらに進めば、さすがにさすがに、京の大寺は奥が深く、込み合う処を避けても、そこもまたゆかしい風情があるですよ。

画像(180x145)・拡大画像(550x446)

徐々に道は、渋くなり、坂になり、おや、これはと見た立札に「西郷隆盛…」とあります。
さすがに京都、歴史がここにも、これは拝見せねば、と思った私は、分かりますよね、好奇心ですよ、野次馬根性じゃあありませんよ。

坂道はなかなか渋い風情になり、他の観光客の皆様の数もめっきり減り、バスの集合時刻が少しずつ気になり始める中、その先を見んでどーする、と自己を激励しつつ歩を速める眼前に、こんな注意書きが!
この綱の中に入ると、狸の落し物を踏んだり、蛇君に咬まれても知らないよ、という風情ある注意書きですよ。

画像(320x212)・拡大画像(550x365)
画像(180x119)・拡大画像(600x398)

手前が本堂、向うが禅堂

結局、一番奥にあったのはお墓で、見たとたんに好奇心は満足、集合時刻が次の関心事になり、早々に坂を下りました。
下には、このような立派な大寺院がちゃんとあって、これをゆっくり見る間のないことが、ちょっぴり悔しく、

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

正面からの本堂です

大慌てでシャッターを切り、

三つの門があることから、山門ではなく「三門」を撮ったところで、2008年も大晦日になってしまいました。
来年は、ツアー名にもなっている「京料理もみじ御膳」から始まりといたしますので、ご愛顧よろしゅうに、どすえ。

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

立派な三門は、手前に池がありました

Posted by 小池 泉壬 at 13時53分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2008年12月27日(土)

ピークを越えたとは言え、京の紅葉の凄さ [京都紅葉日帰りバス旅]

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

右側の眺めです

12月4日のこのバス旅は、いわば最終便でありました。従って、あまり期待し過ぎないよう、お天気さえよければ良いくらいの気持ちで出かけたのでありました。
この東福寺通天橋の紅葉は、随分有名でしたから、後はカメラで撮る処を工夫さえすれば、なんて思ってました。
でも、有名観光地と言う処は、やはり凄いものだと感動しました。通天橋は紅葉の海を渡る橋のようでした。

画像(119x180)・拡大画像(398x600)

どこに目をやっても、赤や黄色に緑の綾錦。

紅葉の散ってしまった枯れ枝さえも、これでこれだけ凄いなら、1週間前にはどんなに見事だったか、と思うと、冬の気配を前に最後の絢爛を繰り広げている様に、短歌のひとつも出てきそうな…

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

先ほどとは反対に臥雲橋が

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

長い木造の橋を、知らない同士の観光客としてぞろぞろ歩んで行くと、大きな伽藍がまるで絵のように、

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

日本の秋の素晴らしさは、世界に誇れるな、と再認識した次第です。
 散り遅る 茜の名残り 留め置きて
       今もまばゆき 古都の趣き …ナンチャッテ

実は、そんなに雅に構えていたわけではなく、カメラを構えては撮り、構えては撮り、で同じと思しき団体観光客として、通天橋を渡って行ったのです。
やがて、さしも長い橋も終点を迎え、そこからはさらに京都らしく、境内の様々な建物巡りとなる訳です。

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

これは「開山堂」

画像(180x113)・拡大画像(600x379)

開山堂の横は「普門院」で、長い縁側に腰を降ろして、一休憩すれば、観光客気分が味わえる、ってなもんです。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

さっきの通天橋を外から見て

バスの中でガイドさんからもらった東福寺のリーフレットで確かめつつ、名のある寺院の建物を見物するこの気分は、久しく味わっていなかった物見遊山の醍醐味です。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

こんなに小さなお堂も「愛染堂」と分かれば、感じる風情もなかなかです。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

まして京都は女性客が多い。
しかも中には、こんな和服の若い女性がちらりほらり。

行けども行けども、紅葉紅葉。
気が付けば、散った紅葉のレッドカーペット、なんです。

さらに続く、です。

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

Posted by 小池 泉壬 at 23時06分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2008年12月21日(日)

12月4日は京都紅葉のラストチャンスだった [京都紅葉日帰りバス旅]

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

第2名神を走っていても、紅葉が…

なにやかにやで、行こう行こうと思っていた紅葉見物に行けたのは、シーズンも最終盤の12月初旬、豊鉄観光ハニットアゼリアツアーの日帰り観光バス旅は、その名も「京料理もみじ御膳と東福寺と永観堂のもみじ」という、長〜いツアー名でした。
しかし、当日は素晴らしい晴れ男(私?)日和で、参加客全員がツアー名の全てに、期待に胸躍らせるスタートでありました。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

実は、亀山インターは混むぞ、という噂を信じていた私は、この日が第2名神初走行という、二重のめでたさでもありました。
車窓には、ガイドさんの案内の通り、鳥の形の橋梁が見えます。

画像(180x116)・拡大画像(600x387)

車窓を眺めているうちに、平日だからか紅葉シーズンは盛りを過ぎたのか、我が豊鉄観光の新鋭バスはすいすいとひた走って、2時間半くらいで京都東インターを出てしまったのです。早っ!と思う間もなく、最初の目的地「東福寺」に着きました。
さあ、観光ツアーが始まりますよ〜。ぞろぞろぞろぞろ…。

東福寺に着いた、と言ってもバスから降りたのは東福寺付近で、バス用の駐車場が近くにないので、ガイドさんのリードの下、観光団体さんで行くのです。
早速、途中にあった観光地図を見てみましょう。

画像(320x234)・拡大画像(640x469)

英語の他、韓国語と中国語が目立ちました

画像(180x132)・拡大画像(550x406)

京都に詳しい方には、しっかり有名な東福寺の紅葉ですが、私のように聞いたことはあるけど、という方にご案内しますと、通天橋という橋からの眺めが素晴らしい処で、さらにその通天橋に行く前に、臥雲橋から通天橋を眺めるのがよいそうで。さらにその前に「蒸しどら」「生麩田楽」やら「焼きお食べ」やらが待っています。むしゃむしゃ。

画像(180x117)・拡大画像(600x391)

っと、列について歩いているうちに「臥雲橋」です。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

屋根がちゃんと付いている、なかなか趣のある橋です。

この橋から、かの有名な通天橋(通天閣ではありませぬ)が望めます。肝心の紅葉は、いいとこを見るようにしていれば、まだなんとかのレベルです。

画像(320x212)・拡大画像(640x424)
画像(180x119)・拡大画像(550x365)

こんな紅葉もあるんですよ

本当は、このブログをご覧になって、行ってみたいなぁ、と思われたら行けるのが「バス旅天国」のいいとこなんですが、今回はすみません。来年までお待ちください。11月下旬が最高だっただろうなぁ、と思いましたが…。
で、臥雲橋を渡ると東福寺本堂やら、通天橋のある広い場所に出てきます。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

通天橋から見る左側のお庭がすごい

主な建物は後でご案内するとして、まずは当日歩いた通りに、通天橋を渡りましょう。
いや、なかなか長い見甲斐のある橋で、京都の有名処はさすがだなぁ、と感心した次第です。

もちろん、紅葉は左右に広がっていて、やがて谷のような処を渡っていきます。

続く。…できるだけ、次回を早めに続けます。

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

Posted by 小池 泉壬 at 22時46分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.