会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2009年05月24日(日)

三朝館は温泉を愛している、と思う [三朝温泉の旅]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

いにしえの湯

観光バス旅の情報源として、「とよてつバス旅ガイド」を作っている今日この頃ですが、どうしても書き切れないネタがあります。
そのバスツアーの紹介にはちょっと余分目の情報をご紹介します。
例えば、この写真は「いにしえの湯」と名付けられた湯船です。夜、三朝館に着いてすぐ撮影させていただいたお風呂です。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

親子連れのお客さんが協力してくれました

いにしえの湯は、三朝館の初期の頃からあった湯船で、リニューアルの時、取り壊そうかとも思ったそうですが、昔の温泉湯治の雰囲気を残そうということになったと言います。
バス旅ガイドの方では、このいにしえの湯から「かがみの滝湯」を見た構図でお見せしたので、底が丸石になっていることはご紹介しませんでした。
ちょっと古く見えるのも、控えた理由です。

画像(180x119)・拡大画像(490x325)

実際には、熱めのいいお湯で、昭和30年代くらいまではあの湯にゆっくり浸かり、ここでごろっと一休みして、また湯に入りを繰り返したと言うことです。

上の畳は柔道場なんかで使っているビニール製の畳なので、湯上りの湿った体も苦になりません。
さらには、この奥の部屋。30年代の茶の間なんです。

画像(212x320)・拡大画像(325x490)
画像(180x119)・拡大画像(500x332)

小道具も徹底してました。

温泉の効能書きも当時のままに、壁に貼ってあります。
当時の、お父さんやお母さんの姿がくっきり想像できます。
こんな風に、細部まで徹底して三朝温泉を大事にしている「三朝館」は、温泉を愛してるんだなと思えました。
レトロじゃない部分は、バス旅ガイドの「B569 三朝温泉ツアー」をご覧ください。

画像(320x265)・拡大画像(600x498)

Posted by 小池 泉壬 at 23時42分
  記事のURL   トラックバック ( 1 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2009年05月14日(木)

牛肉についての考察とシャレてみました [牛肉の味]

画像(320x203)・拡大画像(554x353)

写真は夕日ヶ浦温泉「佳松苑」の夕食です

観光バス旅で、お宿に到着してお風呂に入って、さあ夕食となると、まず目の前に並んだお料理の数々に気がいきます。

日頃の我が家の夕食より、断然多い品数、そして色彩。見た一瞬にああ、あれがある、これがある、あれはなに、てな具合に脳がフル回転しますね。

画像(180x137)・拡大画像(550x420)

なかでも、最近目につくのが「牛肉」。
魚介が主役なホテル・旅館の夕食ですが、牛肉の地域ブランド化が進んだ昨今は、これが入ったメニューを持つ処が増えてるような気がします。
この場合は、陶板焼きバター焼きですね。牛肉ならではの赤い色が食欲をそそります。

画像(180x119)・拡大画像(500x332)

当然、熱が入れば赤い色が消えて、焼けた肉の茶色っぽい色になるのですが、じゅーじゅーいう音と香ばしい匂いが、それまでの魚介、あるいは手の込んだ日本料理の静けさとは、違うイベント感が演出されるのではないでしょうか。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

こちらは、さらにその赤色効果を強調している「湯郷グランドホテル」の夕食にセットされている牛肉です。

薄青白のお皿に、サシの入った牛肉の赤、そしてそれを引き立てている生野菜の緑色。
さらにイベント性を高める石焼きという演出です。

画像(320x212)・拡大画像(550x365)
画像(180x101)・拡大画像(600x338)

豊橋市「源氏総本店」お昼のミニコース

しかし、観光ホテル・旅館の牛肉使用はまだまだ夕食セットのバラエティ感を増すくらいの位置づけでしょう。
これだけお肉の好きな人が多くなった今、例えば石焼のイベント性をもっと発展させている料理割烹のこんな「牛すき石焼きしゃぶ」のように、一歩踏み込んだ料理もおもしろいでしょう。

画像(180x99)・拡大画像(550x305)

この料理が一歩踏み込んでいるのは、石が自然石に近いことと、お肉がすき焼きくらいの薄さで、石焼をした後、玉子を溶いたすき焼きだれで、添えてあるアサツキと一緒に食べることです。

画像(180x116)・拡大画像(550x357)

また、以前にもご紹介した関ヶ原の「麗守都関ヶ原」の食べ放題牛肉(近江牛でした)のように、主役を張らせる牛肉の使い方など。
たれに漬け込んであるので、色は鮮やかとは言えませんが、味に特徴が出せます。

ただ、このような網焼きは、煙や匂い対策などまで考えると、宿泊まで一貫して考慮しなければいけないホテル・旅館では難しいものがあるのでしょうね。
この他、すでに盛んなしゃぶしゃぶ系や、鍋料理系など、肉好きの観光客のため、さらなる工夫をする処が出てくるような気がします。

画像(320x236)・拡大画像(500x370)

Posted by 小池 泉壬 at 10時18分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2009年05月02日(土)

ジェット船ってカッコよい、ですよね [カッコよいもの]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

三方五湖レインボーラインが、コースに入っている観光バス旅の取材に出かけたとき、レインボーラインの手前のごく普通の海辺沿いの道で、これを見かけたです。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

思わず立ち寄ったこの場所こそ「三方五湖めぐりジェット船乗り場」でありました。
車を降りて、後部に回り込むと確かにジェットノズルらしき構造があるですよ。
それにしても陸上。ジェットだからここからゴォーッと海に入っていくのか…。

そんなわきゃないよな、と建物の陰に何隻か舫ってあるのを見つけました。
まだ朝だったので、係の人も居ず桟橋まで見に行けたです。

画像(320x212)・拡大画像(600x398)
画像(180x119)・拡大画像(550x365)

なんかカッコよいなぁ、と感じ入ってよく見ると、何種類かあるんですよ。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

上の平べったい感じのと、こちらの宇宙船ぽいのが。
じろじろ見て、写真撮って、まあ寄り道はここまでと、その場を離れたが、結構気に入ったです。
まあ乗ってしまえば同じかも知れないけど、なんかカッコよいですねぇ。

戻ってNetで調べましたら、案外いろんな所に就航してるんですね。
ちょっと画像をお借りしちゃいましたけど、まずは大きい外洋型のジェット船です。正式には「ジェットフォイル」と言うらしく、アメリカの航空機会社が開発したものとか。
水中翼船になっていて、時速80kmくらい出るらしいです。
しかもほとんど揺れない。

画像(320x266)・拡大画像(550x458)

もうひとつのタイプは小型の河川タイプ。瀞峡のは昔からあったみたいで、なんとなく知っていました。
三方五湖のもこっちのタイプでしょうね。
なんだか男(の子)心を揺さぶるですねぇ。乗ってみたいですねぇ。

画像(320x311)・拡大画像(550x536)

Posted by 小池 泉壬 at 22時28分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.