会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2018年05月31日(木)

シンプルで旨かった「まかいの牧場」のジンギスカン [味の記憶]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

まかいの牧場ガーデンデッキに向かう皆さん

まかいの牧場は、富士山方面のバスツアーではよく寄る処ですよ。
マイカーでも立ち寄りますが、子供が喜ぶ牧場と、自然派で美味しい食事、オリジナリティ豊かな土産物が人気の理由でしょうね。
ここで昼食、となったのは名阪近鉄さんの「石和温泉1泊ツアー」でした。
この取材も、バスツアー同行でしたが、結構皆さん方と打ち解けられて、今でも楽しい思い出になっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

昼食会場

広くてさっぱりした昼食会場で、バスツアーの皆さんの満足度はどうなるんだろう、と少々不安が…

画像(130x180)・拡大画像(414x570)

ジンギスカンセット

ところが、このセットが目の前に並ぶと、皆さんのテンションが上がり始めました。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

ジンギスカンセット上から撮影

お肉と大切りの野菜と、どんぶりご飯と、ジンギスカン鍋のシンプルな取り合わせ

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

ジンギスカン鍋にバターをじゅ〜

北海道の方にはお馴染み、でも我ら東海地方では、最近はそう見ていないジンギスカン鍋。
でも、ある程度年齢の上の方には、なつかしのジンギスカンの帽子型の焼鍋。
余分な脂が取れて、これは旨さの秘密の形ですね。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

まず、肉も野菜も全部載せる!乗せる!!

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

喰うぞーっ、という感じ

追加で、モヤシもどかーっと出て、皆さん箸が進む、ビールが進むでした。
バスツアーの昼食は、なんとなくワンパターン気味のことも多いのですが、この昼食は受けました。

Posted by 小池 泉壬 at 17時30分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2018年05月29日(火)

万座温泉日進館の「まごわやさしい御膳」 [味の記憶]

画像(320x213)・拡大画像(600x401)

「まごわやさしい御膳」

2007年に、観光バスツアーを紹介するフリーペーパー情報誌「バス旅天国」を始めました。
始めた頃に、豊鉄観光さんのハニットアゼリアツアーに同行して、万座温泉日進館を取材しました。
その頃の万座温泉日進館の夕食は「まごわやさしい御膳」で、基本的に湯治客(何日間〜1週間くらい滞在する)対象であり、生活習慣病対策にもなる、宴会料理とは少し異なる夕食でした。
(その後何年か後に、夕食の御膳は無くなって(多分、団体客に受けなかったのと、手間が大変だったからでは、と推察)、割と普通のバイキング形式になりました。
※ホームページを拝見すると、バイキングの中の和食コーナーに「まごわ…」は残っているようです。今なら私も、体第一と選びそうです。

画像(180x165)・拡大画像(480x442)

「まごわ…」料理の説明

「まごわやさしい」料理は、今では健康食として、かなり知名度がありますが、当時はまだ珍しく、食べてみるまで分からなかったのですが、まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いもを使った料理は、いつもの刺身や天ぷら、肉の陶板焼きなどが並ぶものと違い、皆のテンションが下がった記憶があります。

画像(124x180)・拡大画像(387x560)

例えばこの巨大なインゲン豆とブロッコリー、そして手づくり豆腐。
普通に家庭ならありそうですが、観光旅行の夕食、となると…。

画像(120x180)・拡大画像(374x560)

鍋に入れる具も、圧倒的に野菜が多かったのです。

画像(127x180)・拡大画像(396x560)

肉らしいのは、この鶏肉のみで、手前のオムレツのように見えるものは、湯葉にくるまれた野菜、だったと記憶しています。

画像(180x147)・拡大画像(520x427)

煮えてきた鍋には、鶏のつみれも見えますが、全体に塩分控えめのさっぱり味で、お酒が進む、といことは無かったようです。

画像(180x120)・拡大画像(590x394)

本当の露天風呂「極楽の湯」

しかし、お湯はすばらしく、体がじんわり解けるような感覚は、この万座温泉が一番だったと、今でも思っています。
湯治のような長逗留ならば、家庭料理(年配者の体調に気を配った)のような食事は、素敵なものでしょう。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

万座温泉日進館

今では、割と普通な夕食が頂ける万座温泉日進館。
標高1800mの別世界は、一度味わってみる価値ありだと、確信しています。
あのフロアショーも健在のようで、個人的に、また泊まりに行きたいものです。

Posted by 小池 泉壬 at 18時33分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2018年05月03日(木)

南紀白浜温泉・ホテル シーモアの美しい夕食 [味の記憶]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

ビュッフェレストラン by the ocean

“料理は、目で食べる”という言葉を、聞いたことがありますが、このホテル シーモアの夕食は、まさにそうでした。
まず、夕食会場がこんなに素敵でした。

画像(180x103)・拡大画像(600x345)

バス旅行客と同じ夕食

目の前に並んだ料理が、このようにきれいでした。

画像(180x109)・拡大画像(560x342)

お造り

お造りのメインは、なかなか珍しいイサキの姿造り。
海老の刺身は、わざわざ頭の殻を外して、みその部分を食べやすくしてあります。

画像(180x138)・拡大画像(550x422)

前菜

中央の彩り豊かな前菜は、季節野菜のサラダとアワビをドレッシングで頂きます。

画像(180x142)・拡大画像(530x419)

凌ぎ

軽く小腹を満たす「凌ぎ」は、シャリに軽く炙った鱧に梅肉をあしらった寿司。

画像(180x137)・拡大画像(550x421)

こちらは、陶板焼き用の牛肉と野菜。
牛肉の赤が映えますね。

画像(180x155)・拡大画像(520x448)

椀物

「椀物」は、海老を載せたしんじょに、あんをかけたもの。

画像(180x141)・拡大画像(540x424)

伊勢海老天ぷら

色鮮やかな伊勢海老(小ぶりですが)の天ぷらは、料理コースの途中で出て来ました。

画像(180x140)・拡大画像(550x428)

沖アサリの釜飯

ひとり釜の中には、沖アサリの釜飯の用意が整っています。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

撮影したのは、7月下旬の18時半過ぎ頃。
卓上の華やかさと、窓から見える海の夕景の絶妙のコンビネーション。
これが、男一人の取材の場とは、もったいない!

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

屋外テラス席

レストランの窓から見えている、屋外テラス席には、残念ながらカップルなどの姿はありませんでしたが、海の夕焼けが…いい感じ。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

海中展望塔 コーラルプリンセス

時間が経つに連れ、夕陽は海に。
宇宙船のような姿は「海中展望塔 コーラルプリンセス」です。

画像(180x132)・拡大画像(550x404)

陶板焼き

陶板焼きの牛肉も、溶かしたバターを纏いつつ、じりじりと焼けて、

画像(180x119)・拡大画像(550x364)

大アサリの釜飯、香の物、汁物

大アサリの釜飯もすっかり炊き上がり、お腹一杯なのをさらに苦しくさせてくれるのです。

画像(180x119)・拡大画像(550x364)

食後のスィーツ

最後は、甘い物でしめくくる、夏の夜の素敵な夕食の、今思い出しても、とても美しい食事の記憶でした。
※この取材時は「梅樽温泉 ホテルシーモア」でしたが、どうやら今年(18年)春にリニューアルして「SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE」となったようです。

Posted by 小池 泉壬 at 23時50分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.