会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
9月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2018年09月26日(水)

古刹に仏像の微笑みと彩る紅葉を愛でる…秋篠寺(2) [紅葉めぐり]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

細道の奥に受付が見える

秋篠寺を訪ね、南門から木立の間の参道を辿り、目印のような色鮮やかな紅葉の向こうに、やっと受付所を発見!
古都奈良の古刹は、ひっそりと微笑んで、来客を迎えるようでした。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

受付所(本堂・内陣拝観料500円)

実は、ここまで来るまで、受付所かどうかの確信が持てませんでした。
あの一群れの観光客の後を付いて歩いていれば、こんなことはなかったのですが、わざわざ南門を出て、入り直したので、道に迷ったのかと、少々不安になっていたのです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「大元堂」

拝観料500円也をお支払いして、境内に入ると、最初に見える建物が、この大元帥明王尊像を祀る「大元堂」です。
「大元帥明王」とは、国家を守護する明王で、全ての明王の総帥という意味から大元帥と呼ばれているそうです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

庭の紅葉

お庭には、このように紅葉がありますが、これもどちらかと言えば、慎ましやかに庭を彩る一木で、全山紅葉と比べると、反って心にしんと残るようです。
撮影時期が11月20日、と遅めで、散った紅葉が足元を鮮やかに染めているのも風流(!?)ではありますね。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

本堂

そしてこちらが、国宝の「本堂(鎌倉時代の建立)」です。
土塀まで下がって、撮影しているので、写真上端に瓦屋根の庇の一部が写り込んでいます。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

「大元堂」「開山堂」「本堂」

「鐘撞き堂」の傍らから、引いて撮ると「本堂」と「大元堂」が見えます。その間にちらっと屋根の一部を見せているのは「開山堂」で、これでほぼ境内の大部分を見ていることになります。
有名寺院としては小規模に思えますが、その分ゆっくり拝観できるのです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「かみなり石」

こちらは、鐘撞き堂のそばにある「かみなり石」です。
昔、暴れてばかりの雷さまに、困った里の人たちが、たまたま落ちた雷さまをこの石に閉じ込めたという伝説の石のようです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

鐘撞き堂の「鐘」

そしてこちらが、鐘撞き堂の「鐘」です。
ちょっと撞いてみたくなりますが、OKは出ないようです。

画像(180x118)・拡大画像(570x376)

本堂の壁

本堂に寄ってみると、そこにも可愛らしい紅葉が一本。
こちらは出口側で、

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

本堂入口側

そして、反対側が入口です。
この長方形の本堂の入口から出口までに、大小十何体の仏像が並んでいます。

画像(121x180)・拡大画像(385x570)

本堂拝観口(内部は撮影禁止)

ここから入ると、本堂内は土間になっていて、少し上がった台の上に、本尊薬師三尊像(重文)・十二神将像・地蔵菩薩立像(重文)・帝釈天立像(重文)・伎芸天立像(重文)など(いずれもレプリカ)が並んでいます。
なかでも、堀辰雄が著書「大和路・信濃路」でここの技芸天立像を(東洋の)ミューズと紹介したことにより、その優美な物腰が有名になっています。
また、技芸ということで、習い事をやっている人には、特に憧れの仏様のようです。
※伎芸天などの仏像は、NETで拝見することができます。

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

欧州大乱戦病難死 萬霊供養塔

また、庭内には、こうした石碑(欧州大乱戦病難死 萬霊供養塔)が、艶やかな紅葉に隠れてひっそり建っていたりもします。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

寺務所の紅葉

これで大方拝観したと、受付から出てすぐのところにある「寺務所」の中庭にも、鮮やかな紅葉が顔を覗かせていたりします。、

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

紅葉と黄葉

そして、駐車場への帰り道(東門方面)にも、往きとは違った感じに見える、紅葉と黄葉が見られるのも、いとゆかしであります。

Posted by 小池 泉壬 at 17時15分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2018年09月18日(火)

奈良・秋篠寺(アキシノデラ)で古都の秋を味わう [紅葉めぐり]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

駐車場近くの秋篠寺の土塀

2014年11月20日に、ハニットアゼリアツアーの取材で、奈良市の郊外にある「秋篠寺(アキシノデラ)」を訪ねました。(※上記をクリックすると、掲載記事をご覧頂けます)
いま、当時スペースの都合で掲載できなかった写真を眺めると、マイペースで観光するのにも適していることが、良く分かります。
まずは、駐車場に車を置いて、この土塀沿いに歩を進めましょう。

画像(180x126)・拡大画像(580x406)

奈良市の観光マップの一部

こちらは、秋篠寺南門そばにあった奈良市の観光マップの一部です。
この地図の左上にある「秋篠寺」から、(地図右側)東南東に6.9q程先に、東大寺・奈良公園・春日大社があります。
徒歩でも、約1時間半弱で行き着く距離です。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

秋篠寺東門

土塀に沿って1分ほど歩くと、この「東門」があります。
ここには、入場受付はないので、そのまま門をくぐります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

香水閣

東門を入って、趣のある紅葉(全山紅葉の迫力も良いのですが、所々に見かける異なる種の紅葉を見るのもまた良し)を見つけつつ、少し歩くと、この「香水閣」があります。
香水閣についてと、そこに至る道については、以前の記事をご覧ください。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

味如甘露

“味如甘露(アジカンロノゴトシ) 清浄香水”と彫られた一組の石柱が、ここから良い水が出ることを謳っています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

さらに土塀に沿って進む

香水閣を過ぎて、さらに土塀に従って歩みます。
それにしても、この所々に顔を覗かせている紅葉の風情は、一人、或いは二人で歩くときにこそ、その真価を表すのだろうと、古都奈良の良さが分かるような、そんな気がします。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

南門からの参道

やがて土塀は途切れ、前回もお見せしたこの「南門」からの参道との合流点に辿り着きます。
ちなみに、平安時代末期に戦火で大部分が焼失し、鎌倉時代に現在の本堂が再興されましたが、金堂や東西両塔の跡は、いま歩いて来た雑木林になっています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

南門

確か、南門が正式な正面門だと聞いていたので、一旦南門から外に出て、改めて南門から入り直そうと思いました。
(写真の門の奥が、いま出て来た参道になります)
ここに、2枚目にご紹介した「奈良市観光マップ」が立っています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

八所御霊神社

さらに、この南門の手前に「八所御霊(ハッショゴリョウ)神社」の赤い鳥居があります。
この神社は、「秋篠寺」を悪霊から守るために立てられた神社で、元々は六つの非業の死を遂げた貴人の霊を慰めるものであり、その後二霊が加わって、八所御霊となった訳です。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

林の中の参道

もう一度南門をくぐり、参道に復帰して、少し進むと、先ほどの東門から来た道と合流するので、左の細道をとって林の中を進みます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

静かな林の中の参道は、京の有名寺院に比べると静けさもあり、いい感じです。
また、深く柔らかな苔に覆われた林は、前回記事でも触れているように“大和の苔寺”にふさわしい、ゆったり感を醸し出しているようです。

次回は、本堂とその周りの伽藍と紅葉を深彫りします。

Posted by 小池 泉壬 at 20時58分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2018年09月07日(金)

ちょい諏訪(5)…足湯続き〜諏訪SA温泉 [バスでない旅]

画像(320x212)・拡大画像(580x386)

足湯に到着

ちょい、とか言いながら、ぐだぐだ続けて参りましたこのシリーズ、足湯が見えたところからの再スタートとなります。
前回の『足湯』の表示の先に見えたのが、このカット。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

熱いけどロケーションと規模はグー

早速、タオル確認、ズボンの裾まくり上げをして、湯に足を浸けました。
アチッ!!というくらいの湯温。
そばに居た方が「その日その日で湯加減が変わるけど、今日は熱いわね」と、補足して下さいました。

画像(180x119)・拡大画像(590x392)

外側から、足湯施設を見る

外側(湖岸側)から、足湯施設を見ると、こうなっています。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

小さい子が遊べます

上の写真を撮った辺りは、流れ出ている足湯の温泉を利用して、小さい子が遊べるようになっています。
この青い部分は、例の足つぼ刺激のアレですね。

画像(180x135)・拡大画像(580x435)

「諏訪湖SA・下り側」

足湯も満喫したので、ちょっとで来た諏訪湖を離れ、中央道に入ってすぐの、最後の目的地「諏訪湖SA・下り側」に立ち寄りました。

画像(180x133)・拡大画像(580x431)

諏訪湖が良く見えるフードコート

いつもは立ち寄らないSAですが、ここにハイウェイ温泉があるということで、ぜひ一回入ってやろうと決めていたのです。
館内は、いつもの土産物ショップがあり、続いてこの諏訪湖が良く見えるフードコート部分があります。

画像(180x134)・拡大画像(570x425)

フードコート外

上の写真の、左奥から外に出られるようになっているので(建物の外からでも同じ場所に出られますが)、ハイウェイ温泉棟を探しに、外に出てみました。

画像(180x135)・拡大画像(570x428)

「ハイウェイ温泉」

すると、はいありました「ハイウェイ温泉」の建物が。
思ったより小さ目ですが、サービスエリアの温泉ですから、これで御の字と、行ってみました。
お風呂は2階にあって、1階は、入浴受付と、ちょっとしたお休み処になっています。

画像(180x135)・拡大画像(560x420)

入口

入口はこんな感じです。
これは、ちょっと狭いかな?と思いましたが、実際入ってみるとそうでもありません。

画像(120x180)・拡大画像(400x600)

男湯女湯の案内ポスター

入口のところにあった、男湯女湯の案内ポスター。
外光が反射して見にくいのは、ご勘弁ください。
入浴料は大人590円で、タオル類は、自前かここで購入するようになります。

画像(180x135)・拡大画像(560x420)

お風呂

2階の男湯。(女湯はこれより若干狭いとのこと)
泉質は、単純アルカリ泉で、すべすべする美肌の湯。
洗い場は5人で一杯になりますが、普段はそれほど混み合わないとのことでした。
この後、長いドライブの方は、眠気にご注意を!

Posted by 小池 泉壬 at 10時54分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.