会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
12月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2018年12月09日(日)

やっと足助屋敷、そしてその先へ…香嵐渓(4) [紅葉めぐり]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

足助屋敷の入口

こちらが「足助屋敷」の入口です。
入館券は向かって左側の受付窓口で売っています。
向かって右は、喫茶「堅香子(カタカゴ)」になっています。

画像(180x117)・拡大画像(570x373)

喫茶「堅香子」

この「堅香子」とは、カタクリのことで、足助の春を彩る薄紫色の可憐な花を咲かせる群生地が有名です。
ご存知の片栗粉は、そのカタクリの根茎から採れるもので、現在はジャガイモのデンプンで代用されているようです。
室内の喫茶と、半屋外の喫茶席があります。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

門長屋

そして振り返ると、先ほど通り抜けて来た「門長屋」が見えます。

画像(139x180)・拡大画像(434x560)

「堅香子」のメニュー

こちらが「堅香子」のメニューです。
雰囲気は、“いかにも”でよろしい感じですね。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

足助屋敷を右に見ながら

さて、今回は「足助屋敷」には入らず、足助屋敷を右に見ながら、左に続く「吊橋」方面への道を進みます。
足助屋敷に掲載されている看板には『本日の手仕事』と書いてあり、この山里の昔ながらの手工芸の技の実演をアナウンスしています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「吊橋」に続く道

小さな坂を上ると、まっすぐ進むと急な石段がこの地方の名刹「香積寺(コウジャクジ)」に続いています。
が、ここは右の「吊橋」に続く道を進みます。
右下には「足助屋敷」の建物の外壁と屋根が見えます(中は見えません)。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

地元産民芸品のショップ

しばらく、地元産の民芸品などを売っているショップが、何軒か並んでいます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「ハコ市」の内部

ショップ(この店は「ハコ市」)の内部は、こんな感じです。
民芸品好きな方は、ここで足が停まります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

川沿いに歩を進める

足助屋敷やショップが途切れると、右側は川になり、その川沿いに今しばらく歩を進めます。
川の中の人工的な段差(「減勢工」の一種だそうで、急な増水などの際に役立てるものとか)の向こうに、目指す赤い「吊橋」が小さく見えています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

絶好のビュースポット

もうすぐ「吊橋」。
紅葉と川の流れと、赤い吊り橋は絶好のビュースポットということで、カメラ(スマホ)を構える人が結構います。
…というところで、次回の「吊橋ゆらゆら」に続くことになります。

Posted by 小池 泉壬 at 13時05分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2018年12月05日(水)

香嵐渓の紅葉シーズンは終わりそうですが…香嵐渓(3) [紅葉めぐり]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

川沿いに足助屋敷に向かう

前回の続きになります。
待月橋を渡って、右に進む方向が「足助屋敷」と、その先にある「吊橋」への道です。
河原は岩がごろごろしていますが、降りられるようになっているので、かなりの人が河原で遊んでいます。
その場合、足元が滑り易いので、ご注意を。
という情景を見ながら、大部分の観光客に続いて先に進むことになります。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

赤と緑のハーモニー

いい感じのご夫婦と、散り敷かれた銀杏の黄葉、そして木々の赤と緑のハーモニー。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

広場

そして、徐々に道端に飲食の店などが現れ、さらにその先にぐっと開けた場所が展開します。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「猿廻し」の見物客

この日は平日だったにも関わらず、広場では「猿廻し」が、大勢の人を集めていました。
紅葉シーズンでなくても、休日なら、こんな風景が見られそうです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

焼き栗実演

広場は活気あるイベントスペースのようで、このような「焼き栗屋」さんが、大きな音で人を集めて、その隣の屋台で黒く焦げた美味しそうな焼き栗を、販売していたりしてました。

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

飲食の出店

焼き栗だけでなく、こんな惹かれる名札を下げた出店も出ています。

画像(180x121)・拡大画像(570x386)

生ビール

それがあるなら、と思って探すと、ありましたよ「生ビール」。
車の運転をしなくても良い方は、い〜な〜。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

飲食スペース

生ビールと、おつまみ的な食べ物があるなら、こうして座って山の味を楽しむ場所(混んでますが)もあります。

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

門長屋

そして、イベント広場と、その次にある「足助屋敷(入館料300円)」をつなぐゲートウェイの「門長屋」があります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「スズマン本舗」

門長屋の中には物販店があり、こちらは入って左側にある「うまいぞ漬物の店」「スズマン本舗」で、「きゃらぶき」とか「菊芋味噌漬」とか「山ごぼう味噌漬」などなど、山の味覚を商っておりました。

画像(180x120)・拡大画像(570x381)

「おいで屋」

こちらは、入って右側にある「おいで屋」さん。
より観光地の土産物店的なお店です。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

足助屋敷前の小広場

門長屋を抜けると、その先に「足助屋敷」前の小広場(ベンチなどもあるので、助かります)となっています。
次回は、いよいよ「吊橋」と相なります。
少しでも紅葉が残っていれば良いのですが、まあ来年のために、ということで…。

Posted by 小池 泉壬 at 09時53分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2018年11月30日(金)

もう少しはイケるはずです…香嵐渓情報(2) [紅葉めぐり]

画像(320x204)・拡大画像(570x365)

「こうらん亭」

前回の続きは、この「待月橋」のすぐ手前にある、写真の「こうらん亭」からとなります。
このカフェレストランの前に立ったのは11:35でした。
まだ昼食にするのには早いかな、とも思ったのですが、この人の出では、そんなこと言ってられないだろうと、店のドアを開けました。
結果、それが好判断で(紅葉ピークの土日祝なら11時くらいでも飛び込むべきかも)すぐに、席に着けました。

画像(180x130)・拡大画像(560x406)

「こうらん亭」メニュー

写真でご覧の通り、山小屋のようでもありましたが、このメニューの『松茸ご飯定食・通常1200円→平日1000円』に惹かれたのも事実です。

画像(119x180)・拡大画像(399x600)

旅館「香嵐亭」

もともと、お隣の旅館「香嵐亭」が母体のようで、

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「こうらん亭」店内

店内も、結構お洒落な感じで、後で思うと、ゆっくり座って食べられるチャンスは、ここだけでした。
我らが席に着いたところで、満席になったので、せこいけど満足感もUPでした。

画像(180x113)・拡大画像(570x359)

あゆご飯定食

ところで、私はこの「あゆご飯定食1300円」を頂いたのですが、あゆご飯は鮎の実が混じってはいるのですが、そこまでのお味で、むしろ鮎の甘露煮が入っている「鮎そば」が、蕎麦もなかなかで、美味しく頂けました。

画像(180x123)・拡大画像(570x392)

松茸ごはん定食

連れは、こちらの「松茸ごはん定食・平日1000円」を選び、ちょっと分けてもらった松茸ごはんは、ちゃんとそれらしい香りがして、かすかに茸も入っていて、ご飯はOKでしたが、山菜そばの方は、鮎には敵わなかったような…。
でも、総合的にお奨めできるお店ではありました。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「待月橋」

前述したように「こうらん亭」のすぐ前が「待月橋」で、腹ごしらえができた我らは、橋を渡ります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

橋を渡る

はい、渡っております。
それにしても、ここが香嵐渓のベストポイントであることは、疑いようもない佇まいではあります。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

対岸の「香蘭亭」&「こうらん亭」

このように、対岸から見る「香蘭亭」&「こうらん亭」の眺めは、なかなかよろしいですね。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

紅葉と待月橋

さらに、渡ったところから、ちょっと左に戻ると、このようにベストショットが得られます。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

逆光の紅葉

それでは、ほかの観光客さんたちに付いて「足助屋敷」と「吊橋」方向に歩きましょう。
この辺りは、当日はまだ早かった紅葉が、逆光に映えて美しかったです。

画像(180x149)・拡大画像(580x482)

案内表示

この待月橋から渡った辺りに、このような案内表示があるので、道に迷うようなことは(観光客もぞろぞろいるし)ありません。
次回は、紅葉が散る前に「足助屋敷前広場」と、その先に進みます。

Posted by 小池 泉壬 at 00時10分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.