会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
12月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2018年12月20日(木)

バス天スタート時の取材は雪でした…草津温泉旅(1) [雪でした]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

バスの車窓に見る雪景色は美しい

2006年秋に、立ち上げた「バス旅天国」の最初の取材は、名阪近鉄観光さんのバスツアーに、読者モデル(初期の頃はあったのです)のご夫婦に同行した「草津温泉の旅」でした。
名古屋駅西口から出発して、バスが長野県に入ると、車窓に雪景色!
乗客の皆さんと一緒になって、私もカメラマン(初期の頃はいたのです)もテンションが上がったのを思い出します。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「きのこと豚肉の汁」

確か、昼食に立ち寄ったのは、当時盛んになり始めていた「しめじ」の栽培所で、そこのドライブインで頂いた「きのこと豚肉の汁」が、こんな鍋で登場して、お客さんがお玉で銘々の椀にすくって頂いたのが、印象に残っています。

画像(180x120)・拡大画像(570x382)

「きのこと豚肉の汁」

昼食のセットは、こんな感じで、素朴ながら地方色豊かで、読者モデルのご夫婦(少し前に定年退職され、これからは観光バスの旅をしまくるぞ、と言われていました)も、いたく気に入られていました。
左の大皿は「刺身こんにゃく」です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

マンズワイン小諸ワイナリー

昼食後に立ち寄ったのは「マンズワイン小諸ワイナリー」の工場見学&ワイン試飲でした。
以前は、酒蔵やワイナリーは観光先としてうけていましたね。
前日降った雪が、至る処に残っていて、さむさむでした。

画像(180x120)・拡大画像(570x382)

製品試飲ルーム

大手のワイナリーらしく、製品試飲ルームも係の方もレベルが高かったと、記憶しています。
ここで、一通り(5〜6種類)味わっていくと、小さな試飲カップでも、ほわっと酔った気がしました。
酔ってもいいのは、バス旅ならではの特権で、皆満喫していました。

画像(180x125)・拡大画像(570x397)

「万酔園」入口

工場の外には、マンズワインさんご自慢の日本庭園「万酔園」があったのですが、園内は雪だらけで、若いお客さんは、雪遊びに興じていました。

画像(180x120)・拡大画像(600x402)

車窓の浅間山

小諸からさらに先を目指して、中央道を走ると「浅間山」の立派な山容が見られます。
ただ、よくしたもので、最初は歓声をあげて見入った景色も、しばらくすると、うとうとし始める人がちらほら現れるんです。

画像(180x120)・拡大画像(570x382)

峠越えの雪道

それから先は、こんな雪道で、昔行ったスキー場へのドライブが思い出されます。
そんなときも、こうして座席に座っていれば、運転手さん任せで走れるバス旅の良さが、味わえるのですヨ。

画像(180x120)・拡大画像(570x382)

雪の「鬼押し出し」

コースの途中に、軽井沢の「鬼押し出し」があるのですが、ここも雪なので、パスでした。

画像(180x120)・拡大画像(570x382)

草津温泉「湯畑」

雪のせいもあって、草津温泉の宿泊先「櫻井」に到着したのは16時すぎでした。
とにかく草津温泉街を観光、ということで部屋に落ち着く間もなく「湯畑」へ。
このとき夜に見えますが、16:45です。

画像(180x120)・拡大画像(580x388)

西の河原

湯畑から少し坂を上って(温泉饅頭売りが、熱心に試食を勧めてきます。寒さもあって旨かったですが、とにかく熱心なのが…。
そして、直接温泉が湧き出している「西の河原(サイノカワラ)」を観光、旅館のマイクロバス出発時刻を見にしながら、でした。

画像(180x120)・拡大画像(570x381)

夜の帳が湯畑を覆う

集合時刻に合わせて、大急ぎで湯畑まで戻ると、もう夜。それでも、この写真の時刻は17:18です。
なんだか大忙しの草津温泉観光でした。
その後、「櫻井(有名観光ホテル)」に戻り、草津の湯に浸かり、夕食宴会、ホールでゆもみ実演と、典型的な観光バスツアーでした。

Posted by 小池 泉壬 at 09時47分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2018年12月14日(金)

吊橋からの帰り道で見たもの…香嵐渓(6) [紅葉めぐり]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

帰り道

香嵐渓にやって来て、吊橋にも行っちゃいました。
帰り道、ったって、同じ場所に戻るだけでしょ、と言うなかれ。
実は、帰り道は(私の勘違いで)別コースになったのであります。
この写真は、吊橋から来た道を戻るところなので、同じ道を逆から撮っているだけなので、見た目が違うだけなのですけれど…。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

二手に分かれている帰り道

少し戻ったところ(ここです!)で、帰り道が二手に分かれていました。
Y字路を反対方向から来ると、よく引っかかる罠であります。行くときは、一本道なのに、帰るときはさあどっちから来たんだっけ?みたいな。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

山側コース

後で考えると、川沿いに歩いていたので、左の川側に行けば良かったのですが、その前のショップあたりのイメージがあって、山側コースを選びました。
それに、向こう側からやって来る観光客も結構いましたし。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

「香積寺」への石段

途中で、やっちまったなぁと思いましたが、どうせこのまま山中に迷い込んで、どうにかなる訳でもなしと、そのまま眼下に、川や足助屋敷の一部などを見ながら、歩を進めると、案の定、往きに見た「香積寺」の石段がありました。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

石段を下る

「香積寺」にも少し興味はあったのですが、足がこれ以上石段を上りたくない、と申したので、素直に石段を下って、足助屋敷前の広場に向かいました。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

真直ぐに国道へ進む

その後は、御察しの通り、来た道を戻ったので“割愛”させて頂きますが、それでも、最初の「宮町駐車場」から入った小道が、巴川に当ったところまで戻り、折角だからそのまま真直ぐ川沿いに、国道153号線に出ることにしました。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

面白い店

こういう、観光客があまり行かない道というのは、なかなか面白いもので、その証拠に「おもしろ布の衣」「ほりだしもの・家具」と言う、個性的な、ちょっと読めない屋号のリサイクルショップ(古道具屋かなぁ)があったり、
(…面白い受答えは期待しないでください)

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

喫茶店「ぐう」

こんな、いかにも山里の洒落た喫茶店「ぐう」があったり、たまたまこの日やっていたのか、可児市から来ていた「似顔絵屋」さんがいたりと、国道に出るちょっとの間に、探訪気分を味わえました。

画像(146x180)・拡大画像(430x530)

「足助八幡宮」の鳥居

国道に出ると、道路の反対側に、宮町駐車場の交差点で見た立派な神社「足助八幡宮」の鳥居が見えたので、帰りがけの駄賃だと、ここにも寄ってみることにしました。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

左側「八幡宮」、右側「足助神社」

鳥居をくぐって境内に入ると、左側『八幡宮』右側『足助神社』となっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「足助八幡宮」の本殿

こちらが「足助八幡宮」の本殿。
伝承に由ると、創建は天武天皇の時代の白鳳3年(一般には西暦663年、足助八幡宮では673年)となっている、大変古くからある神社であります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「足助神社」

右側の「足助神社」は、八幡宮よりずっと若く、鎌倉時代の末期、後醍醐天皇が討幕戦を仕掛けた「元弘の変」で、後醍醐天皇軍に駆け付けた、地元の武将「足助重範(シゲノリ)」を祀った神社でした。(足助町の名の元)
社の後ろの大銀杏がなかなか見事でした。

Posted by 小池 泉壬 at 13時34分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2018年12月11日(火)

紅葉は終わっても見どころ結構あります…香嵐渓(5) [紅葉めぐり]

画像(320x213)・拡大画像(590x393)

カッコよい吊橋のカット

すっかり寒くなってしまいましたが、足助屋敷の味わいと、この吊橋「香蘭橋」の魅力は年間通して存在しています。
まあ、来年の参考ということで最後の吊り橋編をどうぞ。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

吊橋を渡らず、先に続く道

吊橋の先にもお食事処があるので、先に進む人も結構多いのです。
ちなみに、足助屋敷から、ここまで徒歩約10分、というところでございます。

画像(127x180)・拡大画像(405x570)

「一の谷」メニュー看板

その「一の谷」という山村郷土料理(鮎料理&しし鍋が有名)の料理店があります。
そのメニューが、吊橋のたもとに立っています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

渡る吊橋

そして、渡らなければ吊橋でない、という方は恐る恐るだったり、元気一杯で足を踏み出します。
この吊橋、少し破損していたものが、昨年(17年3月)復旧したものだそうです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

ゆらゆら渡る

これが、なかなか“ゆらゆら”が楽しめる吊橋でありました、最近は安全性重視のためか、それほど揺れないのが多いようですが、これは“楽しめます”。
長さ30mなのだそうですが、多分もっと長く感じる筈、ですよ。
ちなみに、最初に渡った「待月橋」は43mありました。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

スマホで撮る人

でも中央あたりの、一番眺めの良いところでは、スマホを構えている人も多くいます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「一の谷」が見えている上流の景色

上流(この川の名は「巴川」でした)側には、こんな景色が広がっています。
ちょうど「一の谷」が見えています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

対岸から戻ります

対岸に渡り終えると、そこには、特になにもありません。
まあ、普通に陸地です。
吊橋というのは、渡るまでが楽しく、渡るのも面白いのですが、渡ってしまうと、なにか…。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

戻りの吊り橋

戻り道は、若干の達成感と、まだもう少し“ゆらゆら”を楽しみたい気持ちと、渡って来る人への、少しばかりの先輩気分、ですかな。
これでお終い、とするつもりでしたが、ここまで引っ張ったのなら、帰り道編もご覧に入れることにいたしました。…で、次回に続かせて頂きます。

Posted by 小池 泉壬 at 17時34分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.