会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
3月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2019年03月09日(土)

大河ドラマ「いだてん」三島邸…六華苑 [あの舞台はここ]

画像(320x207)・拡大画像(590x383)

和式洋式建築のハイブリッド「三島邸→六華苑」

以前ご紹介した、桑名市の「六華苑」が、NHK大河ドラマ「いだてん」第1話の三島邸として放映されておりましたので、懐かしさから、当時掲載しなかった写真を加えて、改めてご案内する次第です。
成り立ちなど、詳しいご案内は以前のバス天「桑名・六華苑」をご覧ください。

画像(180x109)・拡大画像(500x303)

青い洋館の前

こちらは、放映時のテレビ画像で、車夫さんたちがお客を送り届けて、宴が終わるまで特徴的な青い洋館の前で休んでいるところです。

画像(180x135)・拡大画像(580x437)

MAP

「六華苑」の所在地は、地図の通り桑名市の「七里の渡し」の近くとなっています。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

「青い塔の洋館」部分

こちらが、特徴のある「青い塔の洋館」部分。

画像(180x104)・拡大画像(500x289)

お客さまご到着

招待されたお客さまが、三島邸の洋館玄関に到着した場面が、こちらです。

画像(114x180)・拡大画像(318x500)

洋館玄関

その洋館玄関は、現在は館内から見ることはできますが、人の出入りには使われておりません。

画像(180x116)・拡大画像(570x368)

純和風な入口

観光客の皆さんは、こちらの純和風な玄関から入苑(入苑料460円)いたします。

画像(180x105)・拡大画像(500x293)

客間から日本庭園の眺め

邸内日本建築部分に、客間「一ノ間」があって、その隣り(左側)の「二ノ間」の襖を取り払って供応している様子が見られます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

同じ客間の様子

こちらが同じ客間の様子です。
撮影日が、2月上旬だったため、庭の緑が乏しいのですが、入館すれば、このように眺めることが出来ます。
5月頃は、バラも咲いて緑も美しく、すばらしい風景が堪能できるでしょう。

画像(180x105)・拡大画像(600x351)

ドラマ内のガーデンパーティー

きっとこのような、色鮮やかな庭園と建物のハーモニーを楽しむことができるでしょうね。

画像(180x118)・拡大画像(590x389)

庭園側からの景色

ほぼ同じ、庭園側からの景色をどうぞ。

画像(113x180)・拡大画像(359x570)

喫茶コーナー

ここからは付録ですが、お庭を眺める風情は、お茶とお菓子があるとより高まるもの。
以前にも紹介していますが、この館内にある喫茶コーナーは、そういったゆっくりお庭を眺めるには最適な場所(客間では茶菓の接待はありません)です。

画像(135x180)・拡大画像(392x520)

お抹茶とお菓子

その日の私は、この「お抹茶(300円)」を頂きました。

画像(180x146)・拡大画像(500x408)

落雁か白雪糕か

う〜んきれいなお菓子だ、これは落雁か白雪糕(ハクセッコウ)か、とその場では判断しかねましたが、調べてみるとより固い方が「落雁」、少し柔らか目が「白雪糕」。
どちらも米粉に砂糖など混ぜて型に入れ、ホイロなどで乾かすのですが、若干手順や混ぜる材料が違うようです。
※今、このお菓子が付いているかは不明です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

外のトイレ

NETで調べても、静かで落ち着く良いところ、となっている「六華苑」。
外のトイレの男女表示も、雰囲気あります。(中は普通)
近くの「ばら園」とレストラン「ROCCA」も人気で、時間帯によっては待ち時間も考えておかないと、いけないようです。

Posted by 小池 泉壬 at 13時43分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2019年03月02日(土)

食事は進む、ステージ上も進行してます「あえの風」(3) [味の記憶]

画像(320x225)・拡大画像(600x423)

「能登豚海藻味噌しゃぶ鍋」食材

前回に引き続き、お品書きの台物「能登豚海藻味噌しゃぶ鍋」にとりかかります。
仲居さんが、鍋の下に火を入れにやってくると、この食材から海藻類と味噌を銀色の鍋に、ぽとぽとぽとと、入れていきます。
それにしても、能登豚のピンクが輪島塗の朱に映えて、きれいです。
よい料理は、まずは見て楽しめるものですね。

画像(180x134)・拡大画像(570x425)

豚肉をしゃぶしゃぶします

くらくら煮立ち始めた鍋の中で、豚肉をしゃぶしゃぶします。
とっても柔らかい豚肉と、海藻味噌汁の組み合わせ、ヘルシーな旨さでした。

画像(180x127)・拡大画像(560x396)

09年9月末の「能登豚岩塩スープしゃぶ鍋」

(個人的には、前年秋に取材で頂いた「能登豚岩塩スープしゃぶ鍋」の方が印象に残っているのですが…)

画像(180x136)・拡大画像(570x433)

「さざえ壺焼き」

そして、このタイミング(かなりお腹一杯)で、まだ出て来るか、と言いたくなるような主役級の大きさの「さざえ壺焼き」が登場!

画像(180x135)・拡大画像(580x435)

食事席の真ん中に円形ステージ

ところで、こうして豪華な夕食を頂いている我々の食事席から、外の(というか、中の)法を見ると、このように、円形のステージがあり、その周りをそれぞれの食事席が取り囲んでいるのです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

姫君たちのショー

照明が暗くなり、このような宝塚のごとき姫君たちが現れ、踊られたり、

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「御陣所太鼓」

能登観光旅行ならではの「御陣所太鼓」が、景気づけをしてくれたりの、ショー&会食の贅沢三昧。
ショーも食事の一部という、王侯貴族の習慣の一端も味わえました。

画像(180x123)・拡大画像(560x385)

「古代米おにぎり 茶漬け」

さてさて、さしも豪華な夕食も終盤に居たり、ご飯「古代米おにぎり 茶漬け」と、あいなりました。
これも、体によさそうな締めのご飯ではあります。

画像(180x142)・拡大画像(550x436)

和風デザート

ほんとのシメは、この「和風デザート」。
ステージのショーも終わり、さあ、夜の館内観光に繰り出しましょうか♪

Posted by 小池 泉壬 at 17時56分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2019年02月24日(日)

「あえの風」のまことに凝った料理の詳細(2) [味の記憶]

画像(320x214)・拡大画像(600x403)

夕食を頂いた食席の様子

昨夜に引き続き「あえの風」の夕食のご紹介をば。
写真は、我ら夫婦が夕食を頂いた食席の様子です。
(実は食後、離席の際に撮った写真なのですが…)
前回、このツアーの取材に09年9月末に訪ねたとお話ししましたが、その際のお料理についてはこのバス旅天国で、ご案内していますので、参考までに[超豪華な和倉温泉「あえの風」のハイレベル料理]をご覧ください
※「布引ラーメン」「青山高原の朝食」の次にあります。
内容が随分違うのは、季節の違いとお察しを。

画像(180x147)・拡大画像(550x451)

「鶏つみれピリ辛煮 春キャベツ」

それでは、前回の続き、お品書きの「鶏つみれピリ辛煮 春キャベツ」からどうぞ。
この料理も写真が何だったか、思い出すのに苦労しました。
写真から分からず、お品書きの「古代米おにぎり」か、「湯の香豆腐」なのかなぁ、と逡巡していました。
他の料理を確定していくうち、やっと答えに辿り着いたみたいな話しです。

画像(180x158)・拡大画像(550x485)

「キンコいしる旨煮」

こちらも判定に苦労した「キンコいしる旨煮」。
最初は、デザートの和風スィーツかと見立てたのですが、よ〜く拡大して見て、キンコ(なまこ)に気付きました。
味の記憶は、え〜っなにこれ、と思ったような…。
ちなみに「いしる」は、イワシやサバを、原料につくった旨味調味料のことのようです。

画像(180x146)・拡大画像(550x449)

「北陸の海鮮 黄金彩りサラダ」

続きまして、割と簡単に名前が確定できた「北陸の海鮮 黄金彩りサラダ」でございます。
大きな濃い色の葉っぱは、北陸に行くとよく見る「金時草(コンジソウ)」、あと白海老が料理名判定の決め手になっています。
横に写っているのは、前回ご案内の「すいぜん えびす」と、それにからめる甘めの「ごまだれ」です。

画像(180x179)・拡大画像(420x418)

「白海老の刺身」

同じく、北陸の海鮮「白海老の刺身」がちょっぴり。
小さな白海老の、とっても小さな身だけ取り出すのは、大変な手間だとか、ちょっぴりでも、しっかり味わってみると、甘海老よりもう少し弾力のある身の旨さが、舌に伝わります。

画像(180x150)・拡大画像(550x461)

「能登珍味」

そしてこちらが「能登珍味 こんか鰯 中島菜 しらす 能登娘おろし」能登娘おろしって、紫大根おろしなんですね。
こう云う、ちまちました(失礼)料理も、内容がしっかり分かると、味わいも深くなります。

画像(180x136)・拡大画像(550x417)

「お造り」

さてさて、お次は「お造り」なんですが、この写真はひとつの台に、二人前のお刺身類が載っている状態です。
本場漆塗りの器類と、お造りがきれいに映えるよう白木の簀子が効いていますね。

画像(180x140)・拡大画像(530x413)

ボタン海老

およそ旅館の夕食と言えば、必ずあるみたいな「お造り」ですが、ここは、お造りの一品一品を丁寧に味わってみることにしましょう。
まずは、新鮮そうなボタン海老から。
お品書きには、活海老と記されています。

画像(171x180)・拡大画像(506x530)

ボタン海老の大きさ

こうして、手に取ってみると、なかなかの大きさ。
そして、ぷりっぷりの身の歯応えと、海老らしいねっとりした甘さが、口中に溢れます。

画像(180x135)・拡大画像(550x414)

鰤と蛸の刺身

こちらは鰤と蛸の刺身。
むろん、いつも食べてるスーパーのお刺身とは、全く別物の食感と奥行きのある味。
ついつい、ぱくぱく片付けてしまいがちな、旅館のお造りも、こうして丁寧に食して、手応えがあることほど嬉しいものはありません。

画像(180x167)・拡大画像(500x465)

鮪昆布締め

そして、定番の鮪も、このように昆布締めされたもので、身の締まりと味の深さが、鮪の旨味を倍加しているのが分かります。

さあ、やっと「お造り」まで参りました。次回は「台物 能登豚 海藻味噌しゃぶ鍋」から続きます。

Posted by 小池 泉壬 at 12時04分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.