会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
11月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2019年10月11日(金)

(旧)有馬ビューホテルうらら→現「有馬きらり」 [有馬]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

有馬ビューホテル外観

前回ご案内のように、現在は見ることができない『旧バス旅ガイド』でご紹介していた(主に)観光ホテル系の再編集版をアップして参りますので、よろしくお願い致します。

まずは、左欄「カテゴリー」からピックアップした「有馬ビューホテル」から始めます。
(車には狭い)坂道の多い有馬温泉らしく、このホテルも坂道を上った先にあります。
また、本館の後ろには「太閤の湯」という日帰り温泉施設が隣接していて、気軽に“有馬温泉”を体験するのに最適です

画像(180x119)・拡大画像(590x392)

玄関からフロントロビーへ

上の写真の、こげ茶色の玄関から、館内に入ると写真の右側奥がフロントになっています。

画像(180x119)・拡大画像(590x392)

女性客向けのきれいな浴衣

宿泊の場合は、このような女性客向けのきれいな浴衣が用意されています。※17年1月時点
上からL・M・Sのサイズで並んでいます。(レンタル料はフロントでお尋ね下さい)
脇に立っているのは、通常部屋に用意されている浴衣の見本です。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

部屋

3〜4人で泊まる、平均的なお部屋の様子です。
部屋の窓に見えるのは、アセビか山藤の花ではないかと…

画像(180x123)・拡大画像(550x378)

説明書きと鍵

この宿に宿泊したなら、ぜひ「太閤の湯」をお試しあれ、
ということで、到着した宿泊客には、このような説明書きと、エレベーターのカードリーダーに読み込ませて、動かせるリストバンドと、部屋の鍵が渡されます。※17年1月時点

画像(180x124)・拡大画像(570x393)

4階、太閤の湯へのエレベーター室

そのエレベーターには、本館4階のエレベーター室で、ホテルのスリッパを靴箱に入れてから、乗り込む訳です。
「太閤の湯」については、後日のご案内としましょう。

画像(180x120)・拡大画像(590x395)

ハニットアゼリアツアー夕食

次は、お待ちかねの夕食のお料理になる訳ですが、こちらのバスツアー用のものを参考にどうぞ。

画像(180x131)・拡大画像(550x401)

「雪見八寸」

この夕食については、バス旅ガイドフォロー17年2月16日のブログ記事の、補完とさせて頂きます。
こちらは、未掲載の「雪見八寸」で、目立つ「紅ずわい蟹葛煮」は、つるりとした食感が特徴、松葉が刺してある「湯葉西京焼き」、その上が「焼河豚寿司」、左に「筍お浸し」、その上、向かって右から「鮟鱇肝ポン酢」、「白子豆腐」、「菜花松前和え」となっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

玉葱フォンデュ

前回でも触れていますが、ここならではの珍しい料理「玉葱フォンデュ」は、淡路島名産の玉葱を煮詰めて作ったゼリーを、小鍋で溶かして、鍋の横の舟形皿の、鱈・白子・海老・鴨団子・ひょうご味どり・蟹つみれ・チーズ麩・菊菜・乱切り蕎麦などを入れて頂きます。
最初、スープの玉葱風味が気になるかも知れませんが、じきに慣れ美味しく頂けるでしょう。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

ホテル大浴場、男湯「碧翠」

「太閤の湯」ほどの規模ではありませんが、ホテル宿泊客専用の大浴場は、それほど客で混むこともなく、それでいてちゃんと“金泉”“銀泉”もあるので、ゆっくり落ち着いて入るのに向いています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

金泉から銀泉を見るの図

金泉から銀泉を見たところですが「含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉」の金泉は、より効きそうな気がしますが、
どっこい、無色透明な有馬温泉の銀泉だって、「二酸化炭素泉(炭酸泉)」や「放射線能泉(ラドン泉)」なので、効能は期待できるようです。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

朝食風景

そして、朝食は最近の観光ホテルらしくバイキングスタイルです。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

バイキング

さすがホテルのバイキングらしく、和の料理をメインに洋の料理と、その種類はバラエティに富み、

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

だし巻玉子

仲居さんのお給仕や、シェフがその場で調理してくれるだし巻玉子などもあり、夕食とはまた違った食べる楽しみがありました。

Posted by 小池 泉壬 at 10時38分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2019年10月08日(火)

バス旅天国、正常に復活しました! [お知らせ]

画像(153x180)・拡大画像(517x607)

6月24日の記事

今振り返ると、6月21日(金)あたりから突然、グーグル検索からバス天が消え、
お気に入り登録のURLで探すと『このサイトは危険です』みたいな注釈が出る状態に、当管理人はすこぶる慌て、どうすれば良いのか、うろたえたものです。
まあそのうち治るだろうと、6月の24、28日とUSJ記事を上げてはおりました。

画像(99x180)・拡大画像(180x325)

バス天左欄にある「カテゴリーリスト」

しかし、管理画面にも異常が生じ、新規登録以外の機能が失われた(アクセス数確認も不可)時、事の重大さが明確になってきたのであります。
サーバ管理会社の「さくらインターネット」さんに訊いても、原因不明のまま、9月下旬に至り(その間7月18、27、8月2、8、15、9月7、11と記事を引き続きアップ)
いよいよこれはいかん!と、バス天内を徹底調査、ついにカテゴリー欄の「バス旅ガイドフォロー」内で、原因を発見したのであります。

画像(267x320)・拡大画像(510x610)

従来記事

例えば、この「有馬ビューホテル」の記事ですが、
従来「とよてつバス旅ガイド」という、別サイトの編集もしておりましたので、バス天から「バス旅ガイド」にリンクするようにしていたのです。(記事中赤紫文字)
それがいつの間にか乗っ取られ、グーグルに危険視される原因になっていたのです。

画像(150x180)・拡大画像(506x605)

リンクが外れた同記事

実は、2017年8月で豊鉄観光さんの「ハニットアゼリアバスツアーブログ」の掲載は終了しておりまして、
豊鉄観光サービスさんHPのバナーも既に削除済みです。

そのリンク用URLが、いつのまにか悪質なサイトに利用されるようになっていたようでした。
もしやそれが、今回の事象の原因かもと、9月後半よりカテゴリー内の全てのリンクを剥がしたところ、無事復活!
※ちなみに、上の従来記事はJpg画像なのでリンク不可です。

今後も、旅記事やサイト内リンクの「熟年超人A」「SSS短誕譚」を、よろしくお願い致します。(管理人)

Posted by 小池 泉壬 at 09時42分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2019年09月11日(水)

海老食べ放題の鳥羽ビューホテルAのお湯 [食べ放題]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

ロビーラウンジ

前回の“海老食べ放題”の補足になります、鳥羽ビューホテルの温泉情報をお送りします。
お腹一杯、海老たちを頂いた後、このホテルの温泉を楽しむ時間がありました。
宴会場から、パノラマビューが印象に残るロビーラウンジを経て、廊下に出ると、

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

露天風呂「遊湯」

「露天風呂」と「展望大浴場」の案内表示があります。
まずは「露天風呂」から湯試しするなら、階段を下に降りていくと、露天風呂「遊湯」の別棟が見えます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

露天風呂入口

白木のすっきりした入口を抜け、

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

脱衣場

入ったところが、脱衣場です。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

中に入ると

がらりと格子戸を開ければ、向こうに海の見える浴槽。
露天風呂とは言っても、内湯のような雰囲気のお風呂です。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

鳥羽湾の景色が見事な美肌の湯

でも、窓ガラスは無く、この解放感は確かに露天風呂です。
少し肌にすべっと感じる無味無臭の湯の泉質は、榊原温泉の湯を運んでいるもので、アルカリ性単純泉で、メタケイ酸成分を含む“美肌の湯”です

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

展望大浴場「水軍の湯」「美麗の湯」

ロビーから出た廊下を、そのまま進むと、展望大浴場「水軍の湯(男湯)」と「美麗の湯(女湯)」があります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「水軍の湯」の脱衣場

こちら「水軍の湯」の脱衣場は、いかにもな観光ホテルの大浴場のそれですね。
さらりと清潔第一、といったところでしょうか。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

鳥羽湾のパノラマ

浴室に入ると、先ほどの露天風呂より何階分か高いところからの鳥羽湾のパノラマが、大きな窓越しに広がっています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

洗い場

洗い場は、さすがにこちらの大浴場の方が充実しています。
もし、お泊りでの入浴だったら、まずこちらの大浴場で旅の汗を流して、夕食後に気分を変えて露天風呂、そして翌朝両方に入っちゃう、なんてのもありでしょうか。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「水軍の湯」の全体

展望大浴場「水軍の湯」の全体は、大体こんなところです。
どうぞ、ご湯っくり〜♪

Posted by 小池 泉壬 at 16時14分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.