会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2020年05月14日(木)

文豪縁の老舗ホテルがコロナ禍で廃業 [観光ニュース]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

「水月ホテル鴎外荘」東館入口

5月11日午前11時配信の、デイリー新潮のYahooニュースに『コロナで廃業「老舗」の無念』という記事がありました。
この老舗ホテル「水月ホテル鴎外荘」には、2012年6月25日に、とよてつハニットアゼリアツアーの宿泊ホテルということで、潮来・東京コースの取材先として、訪れていました。

都内中心部の観光ホテルとして、なかなか印象深いものがありましたので、廃業というニュースに接し、当時の撮影画像を元に、皆さまの思い出や、行ってみたかったという想いに応え、2回に分けてご案内させて頂きます。

画像(180x144)・拡大画像(507x406)

上野動物園と水月ホテルの位置関係

場所は、上野動物園の裏側辺りになり、やや細めの(愛知県の道路に比べると)道路を、上野動物園近くの駐車場から、ほぼこの図の点線を逆に歩いて、水月ホテルに辿り着きました。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「水月ホテル鴎外荘」東館

道路に面しているホテルの建物は、東館ということで、この外観は、イメージしていた「鴎外荘」という印象と違い、若干戸惑ったことを覚えています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

入り口を入ると

そのフツーのホテルだな、との思いは、館内に一歩入って、ガラス戸の奥に見える緑を見た途端に消え、ほお〜、と独り言が出たことを思い出します。

画像(180x118)・拡大画像(550x363)

木の館内案内ボード

その玄関に立っている、木の館内案内ボードに、このホテルの建物の配置が記されています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

右側に「東館」フロントロビー

玄関スペースの右側が「東館」で、こちらにフロントもあります。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

休憩スペース

緑溢れる、こんな休憩スペース「鴎外茶房」に、森鴎外先生の肖像画が架かっていて、古きよき時代を残す、鴎外荘らしさを醸し出してくれています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

緑豊かな庭園

ガラス窓越しの緑豊かな庭園が、大都会の真ん中に居ることを、忘れさせてくれ、ゆったりした時の流れが、来訪客をそっと包んでくれます。
実は、この庭園の緑の中に微かに見えている屋敷の影が、森鴎外が『舞姫』を執筆していた「鴎外荘」なのです。

画像(180x118)・拡大画像(570x376)

新館方面に進む

当日は、フロントのスタッフの方へのご挨拶もそこそこに、限られた時間の中(実は今回の取材は香取神宮・潮来の取材と都内取材が主(鴎外荘は予備取材)でしたので、できるだけ沢山の取材を急いでいたのであります。
…で、玄関からまっすぐ延びる道を、新館に進みました。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

新館の入口

新館の入口がこちら。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

新館玄関の飾り物

玄関を入ったところに、印象的なお人形が飾られています。
添え書きによると、どうやらおはら踊りのご縁で、こちらに嫁いできたお人形で、「都の舞」と名付けられています。
その左は、このホテルのオーナー・中村菊吉氏への霧島神社からの表彰状で、どうやら九州との縁が窺える展示物です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「沙羅の木」

新館には、本格的な懐石料理が楽しめるレストラン「沙羅の木」があり、プロが選ぶ日本のホテル料理100選」を15年連続で受賞している腕前で、来客の味覚を楽しませてくれます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

店内のしつらえ

店内のしつらえは、ご覧の通り、すっきり落ち着いていて、壁の虎の絵が印象的です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

客室フロアの通路

新館の客室フロアの通路も、このようにシックで、

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

すっきり明るい和室のお部屋

お部屋も、すっきり明るい和室になっていました。
※本館もこのような和室で、東館だけは洋室になっているようです。

画像(180x115)・拡大画像(570x367)

新館の土産物コーナー

新館の土産物コーナーは、こんな具合で、一般的な観光ホテルの土産物ショップと比べると、スペースは小さめなものの、都会のホテルらしい品揃えです。
ちなみに、水月ホテルの推奨品は「温泉郷たまご饅頭」「花化粧(ゴマ風味とピーナツ風味のサブレ的なお菓子)」と「鴎外温泉きんつば」の3品です。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

東館のお土産物コーナー

参考までに、こちらが東館のお土産物コーナーで、前述の「鴎外茶房」の前にあります。こちらには、冷酒「舞姫」「鴎外」や、「鴎外ワイン」などもあり。
※まことに残念ながら、5月いっぱいで閉館されるため、残りわずかですが、都内にお住まいの方は、お役立てください。
◆次回は近々に、鴎外荘と鴎外温泉をご案内します。

Posted by 小池 泉壬 at 14時29分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年05月06日(水)

兵庫県豊岡市のコウノトリ [出逢った動物たち]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

コウノトリ展示ゾーン

前回に続き「城崎温泉の旅」と「夕日ケ浦温泉の旅」の取材時、2007年の3月と6月の2度、豊岡市の「コウノトリの郷」に立ち寄り、コウノトリを見ました。
この写真は、3月の取材時のもので、鳥類の展示としては必ずあるはずの“屋根”のない展示に驚きました(だって、屋根が無ければ逃げるだろ、と…)。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「コウノトリの郷」

田んぼの間を通っている道を走ると、このように「コウノトリの郷」の「コウノトリ文化館」の建物が見えてきます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

館内と松島館長後姿

文化館の中は、いかにも地方の文化施設らしい(って、変な言い方ですが、いい意味で)建物で、正面入り口を入ると、このような展示物が並んでいます。
写真中の後姿の男性は、館長の松島興治郎さんで、初訪問の私に1時間、コウノトリの自然繁殖への地元の情熱を語ってくれました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

日本コウノトリの剥製

館内には、この豊岡市の農村部の様々な自然との関わりが展示されていて、こうした剥製なども数多く見られます。
このコウノトリの剥製は、一度は絶滅となった日本コウノトリのもので、今、飼育されているコウノトリは、ロシア産のもので、他には中国産のものもいるようです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

屋外飼育施設

文化館を突き抜けて、外に出るとこのように、屋外飼育施設になっています。
観光バスの立ち寄りコースと言うより、学術研究施設としての色合いが濃い施設だなと、当時思ったものです。

画像(180x116)・拡大画像(560x361)

コウノトリをアップ

少し見学者の位置と、コウノトリとの間隔が遠いので、動物園のような近接感はありませんが、自然にふるまっている彼らを、のんびり眺めていられるなら、ここは良い施設でしょう。
よ〜く観察したいなら、小型の双眼鏡か、デジカメで撮ってズームアップを。

画像(180x111)・拡大画像(580x359)

営巣用の塔

施設の外の農家の田んぼの中に、こうした電柱のような営巣用の塔が立っていて、やがてコウノトリが来てくれるのを待っています。
事実、数年後にこの塔に営巣したコウノトリに、赤ちゃんができたというニュースを観ることが出来ました。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

コウノトリの郷米

実際、一度はいなくなってしまった自然のコウノトリを復活させる試みは、農家の方にかなりな重荷を背負わせたようで(農薬の思い切った削減で、害虫駆除が大変)、その無農薬・減農薬をウリにしたお米を、隣接の「コウノトリ本舗」で積極的に販売していました。
人にも優しい栽培法の安心米です!

Posted by 小池 泉壬 at 15時49分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年05月02日(土)

伊根のとんびとカモメ [出逢った動物たち]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

大騒ぎ

天橋立観光とセットされやすい「伊根湾めぐり」は、舟屋(船の屋内ガレージ的なものがある住宅)が並んでいる伊根湾を、約25分かけて周遊するものです。
で、その遊覧船から餌をやると、トビやカモメが群がってくるスペクタクルを味わえるのが醍醐味なんです。
彼らはしっかり学習していて、遊覧船が桟橋から出る雰囲気を感じただけで、こうして群がってきます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

ワシタカ科鳶の雄姿

トビもそばで見ると、なかなか猛禽類してます。
迫力あります。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

カモメも参加

かもめも抜け目なくおこぼれを狙っていて、なかなかの空中戦!

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

遊覧船(乗船料800円)

遊覧船の謳い文句は、
湾を取り囲むようにして建つ舟屋を海上から眺めるのは、陸地からではなかなか味わえない舟屋の風景と趣があります。また、船に群がるカモメにエサをあげるのも、伊根湾めぐりの醍醐味のひとつです。 …です。

画像(180x118)・拡大画像(571x375)

伊根の舟屋

こちらが、伊根湾の舟屋が並んでいる風景です。

画像(180x119)・拡大画像(558x369)

舟屋アップ

舟屋のアップ。
城崎温泉泊りと、夕日ケ浦温泉泊りのコースの2回訪れました。
観光客の訪れなくなっている今、彼らはどうしてるのか…

Posted by 小池 泉壬 at 11時02分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.