会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
6月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2020年05月29日(金)

「吹割の滝」を詳細にご案内(1) [印象に残っている取材先]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

観光駐車場からぞろぞろ出発

「吹割の滝」を見に行くときは、この観光駐車場からスタートします。
写真は、2007年5月30日の午前8時44分、名阪近鉄観光の「老神温泉と吹割の滝観光ツアー」に、同乗しての取材旅で、朝早くの出発から、1番目の観光立ち寄り先「吹割の滝」見物に、ツアー客と一緒に出かけるところです。

画像(180x107)・拡大画像(580x347)

グーグルマップ1

老神温泉から15分程の位置にあり、この国道120号線を北上すると、尾瀬があります。

画像(180x115)・拡大画像(570x365)

じゃあ、出発しますネ

このドライブインは、やや変わっているかも知れませんが、歩いて滝見物に出かけるのは、今も同じでしょう。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

“いわな焼き”

途中にある“いわな焼き”は、今も名物のようで、ホテル(紫翆亭)でたっぷり朝ごはんを頂いてなかったら、よだれが出て困ったことでしょう。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

『滝入口』

『滝入口』の表示板と駐車場の大看板は、ストリートビューで見たら、今も同じように立っていました。

画像(180x126)・拡大画像(580x409)

地図を拡大

地図を拡大してみると、駐車場側と滝の間に道路(120号線)があり、その下をくぐる小道があるのが分ります。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

国道の下をくぐるトンネル

こんな風に、観光客は国道の下をくぐるトンネルを通って、車道を安全に横切って進みます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

川に向かって下る

川は大分下にあるので、このような下り坂を足元に気を付けながら、降りて行きます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

長い下り坂

下り坂は、案外長くて、帰りのしんどさが思いやられました。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「片品川」

下りて来たところが「片品川」の川べりになります。
前述の拡大図にある「吹割の滝遊歩道」の端も、上流に見えています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

“岩場に注意”の看板

川べりには、観光客への“岩場に注意”の看板が立っていて、ガイドさんがその注意を読み上げてくれました。
なお、「吹割の滝」はどうやら「ふきわりのたき」ではなく、「ふきわれのたき」のようですね。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

川べりに沿った遊歩道

ここから川べりに沿った遊歩道の、ゆるやかな下り坂を辺りの景色を楽しみながら、のんびり歩いて行けます。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

川床の様子が徐々に変化

すると、川床の様子が徐々に変化していき、川の流れの表面に白波が立ち始めます。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

吹き上がるような光景

よくある滝に近付いて行くときの、どどどどどーみたいな音はあまりせず、このような川床の段差に、流れがうねっているのが目立ち始めます。
凝灰岩・花崗岩の川床の柔らかい部分を、片品川の流れが浸食して、吹き上がるような光景を現出するのです。→続く

Posted by 小池 泉壬 at 16時44分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年05月21日(木)

淡路島「イングランドの丘」のペリカン・コアラ [出逢った動物たち]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

「イングランドの丘」入園ゲート

以前にご案内した「淡路ファームパーク イングランドの丘(入園料1000円)」で出逢った動物たちの思い出をば。

画像(180x118)・拡大画像(570x376)

コアラの看板

「イングランドの丘」と言いながら、一番の目玉は、当時も人気の高かった“コアラ”でした。
この道路看板もこの通り、コアラをアイキャッチャーにしております。
なんでも、この辺りの地形(なだらかな丘陵地)が、イングランドに良く似ているからなのだそうです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

ゲートを入ると

入園してみると、とても明るい雰囲気で、イングランドというより、オーストラリアの開放感。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「植物館」

上の写真の、反対側にあるこの建物は「植物館」で、オーストラリア原産の植物メインの展示になっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「ワラビー広場」

そして、さらに歩を進めると「ワラビー広場」。
つまり、コアラに合せて、とことんオーストラリアなのです。
でも、淡路島の気候風土には、ぴったりマッチしていたと思っています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

エミュー

ワラビー、つまり小型のカンガルーの名が着けられた広場には、エミュー(ヒクイドリ目ヒクイドリ科エミュー属の二足歩行の飛べない鳥で、同じくオーストラリアにも居るヒクイドリより背が高い)や、

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

モモイロペリカン、エミュー

モモイロペリカンなどが、一緒に柵の中で飼われていますが、肝心のワラビーの写真は、どこかに居たはずですが、撮れませんでした。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

ペリカンくん

代わりに、人気を集めていたのがこのペリカンで、結構愛嬌(けれど、つつくことがあるので油断できない)のある客対応が受けていました。
(なかなかでかいので、触れなかったのが残念!)

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

コアラ舎

当時スーパースターのコアラちゃんは、豪華マンション住まいで、来援客の視線を集めながらも、

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

寝ているコアラちゃん♀

ユーカリの木に掴まって、のほほんと寝ているばかりで、たま〜に、もぞっと動くくらい(よく動くのは早朝か夕方らしい)と、一斉にデジカメのシャッターが(2007年3月下旬ではスマホはまだ存在せず)切られていました。
今では懐かしい、オーストラリア的思い出であります。

Posted by 小池 泉壬 at 16時39分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年05月16日(土)

鴎外荘と鴎外温泉の明治の空気にたゆたう [観光ニュース]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

「鴎外荘」入口

新館の次は、日本全国にここだけの場所「鴎外荘」を訪ねました。
なぜ、この水月ホテルの敷地内に、明治の文豪・森鴎外が、最初の小説『舞姫』を執筆した住居があるのか、不思議に思っておりました。
水月ホテルのHPにその辺りのいきさつが記されているので、概略だけお話を。
ドイツ留学後に、根岸に住まいしていた赤松中将の令嬢と結婚して、赤松家の持家であった、上野のこの家に住み、次々と作品を発表していったそうです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「鴎外門」

入口から入ると、この「鴎外門」があります。
〜この門は、当時のものではなく、復元したものです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「玄関」

そして「玄関」。
〜こちらも当時を偲んで復元されたものということです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

新藤監督特集のポスター

邸内に入ると、メインの広座敷「舞姫の間」の入口脇に、映画のポスター風のデザインの、2001/05/25 から、渋谷シネマライズで14日間に21作上映された、新藤監督特集のポスターが貼られています。
新藤監督と女優さんの背景が、この鴎外荘のお庭なのです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「舞姫の間」

この「舞姫の間」は、現在も各種の会食・宴席に利用されているお座敷で、取材当日もこのように、晩餐のセッテイングが始まっていました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

カーテン越しのお庭

撮影日時は、2012年6月25日14:38.
カーテン越しに、お庭がぼんやり見えている、落ち着いた昼下がりの風情です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

お庭の様子

お庭の様子。
6月下旬の、夏の草木と小さな石灯籠。
池にはかなり大きな、錦鯉が泳いでいました。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「舞姫の間」の反対側

「舞姫の間」を反対側から見たところ。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

舞姫の原稿

上の写真の、真ん中右寄りにある縦長の白い額が、この舞姫の原稿を拡大したものです。
部屋の照明が写り込んでいて、見にくいのですが、よ〜く見ると、原稿の文字も読めると思います。

画像(180x130)・拡大画像(530x383)

「舞姫」と題された掛け軸

また、こんな可愛らしい「舞姫」と題された掛け軸も飾ってありました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「於母影の間」

「鴎外荘」には、「舞姫の間」のほかに、こちらの「於母影(オモカゲ)の間」や、

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「蔵の間」の椅子にご注目!

元はお蔵だった「蔵の間」などの、明治の洋風文化の色濃い少人数の会合に適した部屋があります。
調度類も凝ったものですが、椅子の工芸の見事さが、印象に残っています。

画像(115x180)・拡大画像(359x560)

鴎外温泉のお風呂

最後に本館内にある「鴎外温泉」にも立ち寄って来ました。
男性用の大理石のお風呂「福の湯」と、女性用の漆を丹念に塗り重ねて仕上げた古代檜漆塗り風呂の「檜の湯」があり、

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

大理石のお風呂「福の湯」

こちらが、大理石のお風呂「福の湯」。
カルシウムやラジウムなどを含んだ重炭酸ソーダの天然温泉です。
大理石の床材は、足裏に馴染む感触があるのが特徴です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

浴槽内から洗い場を見る

赤みを帯びた湯は、肌に優しい天然温泉特有の、気持の良いお湯です。
湧出温度は18度となっていますが、温泉法では湧出した時の温度が25℃未満でも、19項目の含有成分のひとつ以上が、規定量含まれていれば温泉となります。
5月末閉館の「水月ホテル 鴎外荘」の思い出でした。

Posted by 小池 泉壬 at 13時33分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.