会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
11月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2020年11月06日(金)

奈良平城京の宮廷料理を召し上がれ [こだわりの食事]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

「奈良パークホテル」

このタイトルのお食事が頂けるのは、奈良市宝来4丁目の「奈良パークホテル」であります。
取材日は2014年11月20日、豊鉄ハニットアゼリアツアーの「天平の抄と大和国紅葉名刹の旅」の取材でした。

画像(180x49)・拡大画像(600x164)

位置関係マップ

およその位置関係は、グーグルマップでご覧の通り、奈良駅から見て、「奈良公園・東大寺・春日大社」の観光ゾーンの反対側(西方)に位置しているとお考え下さい。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

館内に展示されている説明文

この「天平の宮廷料理」は、パークホテルの調理長が1300年の時を遡り、現代におけるヘルシー料理として、平城京では貴族階級が味わえた食材と調理法を再現したもので、味覚のチャレンジャーを自負する方は、大いに興味を覚えるものと思います。

画像(180x119)・拡大画像(590x393)

昼食風景

このバスツアーでの「天平の宮廷料理」としては、昼食で立ち寄られた観光客には、このように食堂で頂くか、夕食ならば大広間で頂くようになっていました。
ただ、特別な料理なので、写真のように、奈良(天平)時代の女官に扮したスタッフが、解説して興趣を盛り上げます。

画像(119x180)・拡大画像(371x560)

女官スタッフさん

女官スタッフさんは、ご覧のように可愛らしい女性でした。
6年前のことですけど…♪

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「大宮の間」

20名くらいの小グループの場合、運が良ければ、天平時代の宮廷を想わせる、この「大宮の間」で奈良時代の宮廷人が頂いた、料理を味わうことができるのです。

画像(180x117)・拡大画像(560x366)

最初の配膳

さて肝心のお料理は、最初このような配膳でした。
この段階での私の印象は、現代の料理に比べると、パサッとしているな、というものでした。
特に、真ん中の黒い液体の入った椀と、その横の黒い塗り蓋の椀が、気になりました。

画像(180x102)・拡大画像(600x341)

ほぼフルラインアップの料理

当然、普通なら食べ始めている訳ですが、取材の都合上、この後から出てくる料理も、全て出して欲しいとお願いした結果が、こちらの状態です。
左側の「鶏の叩き」と「かぼちゃと小豆の炊き合わせ」、右の灰色のそば「黒米そうめん」が、膳に加わりました。

画像(180x105)・拡大画像(560x327)

真ん中の五品

それでは、各お料理を詳しくご案内しましょう。
全体図の上の左から、鮫と鮭の干物「楚割り」、古代のチーズ「蘇(最上級の蘇が醍醐味)」、中国から渡来の「唐菓子」、下の段は「豆腐」と、干した大根の塩漬け「須々保利(スズホリ)漬け」です。

画像(180x152)・拡大画像(530x450)

「楚割り」の白い方を頂く

次に、気になるお味の方は…。
まず「楚割り(スヤワリ)」の白い方。赤いのが鮭なので、こちらは鮫?
三枚におろした魚肉を拍子木に切り、薄塩したのを天日乾燥した製品。
お味は素朴な乾燥魚肉。特に“鮫”らしさは感じられませんでした(例えばよく言うアンモニア臭とかは無し)。

画像(180x117)・拡大画像(570x371)

「唐菓子」と「蘇」

こちらは、お菓子扱いの「唐菓子」と「蘇」。
荒引き小麦粉に塩と胡麻を入れて練り上げ、胡麻油で揚げた「唐菓子」は、あっさりしたカリントウの感じ。
「蘇」は、確かにチーズ的なお味でした。
最上級の「醍醐味」は、どんな味なのでしょうね。
ちら見えの「須々保利漬け」は、薄味の沢庵的な漬物。

画像(180x141)・拡大画像(510x400)

「黒米粥」

最初から気になっていた、汁粉のような黒いのは「黒米粥」で、全然甘くはありません。
それでも、中国歴代の皇帝に献上された貴重なもち米で、香り良く甘味があり、栄養も豊富で、消化機能を高め、身体を温めるなど、美容と健康に効果があるんだそうです。

画像(180x140)・拡大画像(510x399)

「黒米素麺 天平の糸」

そして、こちらも黒米が原料の「黒米素麺 天平の糸」。
最初は「蕎麦」かと思ったのですが、ちゃんと腰がある素麺でした。

画像(139x180)・拡大画像(410x530)

「鶏叩き」と「かぼちゃと小豆」

今までの料理に比べると、現代人にも合うのが左端の二品。
上の「鶏叩き」は、今のお客さんに合せたもので、美味でした。奈良時代は鳥獣肉を干した物を食べていた模様。
下の「かぼちゃと小豆の炊合わせ」は、甘く美味でした。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

柿の葉寿司」「いなり寿司」「めはり寿司」

右端の「お寿司」らしきものは、「柿の葉寿司」「いなり寿司」「めはり寿司」で、いずれもご飯の量が多く、しっかりお腹をつくってくれます。

画像(180x119)・拡大画像(550x366)

「柿の葉寿司」の中身

中でも「柿の葉寿司」の中身は、この通りサバ寿司になっていて、美味しいものでした。
冷蔵庫のない時代の食品は、基本干すか、塩をするかで、調理法も限られる中、このホテルの調理師さんの奈良時代料理の再現は、大変な努力がいったと思われます。

画像(180x128)・拡大画像(520x370)

「汁粉」

料理を食べ終えて、最後に出て来た「汁粉」を頂きながら、現代の私たちが食している料理に比べると、素朴で淡白な味の天平の宮廷料理は、究極のヘルシーメニューであることが分かり、また日本の風土は、大変バラエティに富んだ食材を育んでくれていることを再認識しました。

Posted by 小池 泉壬 at 16時28分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年10月31日(土)

シャボテン公園10…シャボテン狩りとショップとお食事 [行った気になる+動物]

画像(320x208)・拡大画像(600x390)

『ようこそ!シャボテン狩りへ』

最後の「第5温室」を出て、屋外の通路を歩くと『ようこそ!シャボテン狩りへ』の看板が掛かっています。

画像(125x180)・拡大画像(376x541)

『Wellcome!!シャボテン工房』

上の写真奥の突き当りまで進んで、開いた扉の内に、こんなサインボードが立っています。
『Wellcome!! シャボテン工房』の下には「サボテンと鉢を自由に選んで鉢植え作り」…以下いろいろ、と書いてあります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

内部

そして、サインボードの向こうに、このような光景が展開しています。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

サボテンを選ぶ

地面に並んでいる、同じ大きさの同じ種類のサボテンを見ると、結構可愛らしくて、何種類か取り出して、自分だけの、サボテン寄せ植えが出来るってわけです。
…えっ、これが『サボテン狩り』!のようです。
別に、逃げ回るサボテンを掴まえるわけじゃないんですね(当たり前!か…)

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

左に見える「販売所」

気に入った可愛いサボテンを、持って、左に見える「販売所」に行って、似合う鉢なども見繕って、お土産にするシステムです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

出口に向かって

「販売所」の前を通って、インパクトのあるサボテン人間の「盛り上げ隊長」の間を通って、階段を上がると、

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

建物の外の通路

やがて、建物の外に出ます。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

下に降りられる階段

少し進むと、下に降りられる階段があるので、降りて行きます。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

『ここでしか買えない限定品』の看板

降りたところから、そのまま道なりに進むと、前方に『ここでしか買えない限定品』の看板があり、その右が、次の建物「おみやげ館」の裏口になっています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「おみやげ館(ギフトショップ)」の店内

「おみやげ館(ギフトショップ)」の店内は、かなり広く、目玉は「カピバラ」のぬいぐるみを始め、可愛らしいキャラのぬいぐるみが多いです。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「カフェシェリー」

建物の外に出ると、まず目に付いたのが「カフェシェリー」でした。
サボテングリーンカレー(920円)や、ウチワサボテン赤い実ソフトクリーム(350円)が人気。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「おみやげ館(ギフトショップ)」と、お食事処

「おみやげ館(ギフトショップ)」と、お食事処(レストラン街)が、集合しています。

画像(180x141)・拡大画像(530x416)

「森のどうぶつレストラン ギボン亭」

いろいろレストランがあって、それぞれの売り込み看板が、目立っています。
まずは「森のどうぶつレストラン ギボン亭」。
メキシカンな料理がウリのようです。

画像(180x123)・拡大画像(530x363)

「中華レストラン ちゃお」

中華料理もあります。
「中華レストラン ちゃお」。
看板の特製磯ラーメン(900円)がおいしそー。
特製サボテンラーメンは、今はトマトラーメン(900円)に替わっているのかも。

画像(180x133)・拡大画像(520x387)

「和食処 花むすび」

洋・中とくれば、和も当然ありますよ。
「和食処 花むすび」。
こちらも、特製サボテンそば・うどん(900円)がチャレンジメニューか!?
※今は、ミニ丼はやっていなさそうです。

画像(180x139)・拡大画像(520x404)

「ベルステーション」の案内看板

そして、お食事処から離れた帰り道にある「ベルステーション」では、シャボテンバーガー(500円)やソフトクリーム(380円)が食べられます。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「ベルステーション」

「ベルステーション」が、どこにあるかというと、そのものずばり、入園口の横にあったんですね。
長々続いた「伊豆シャボテン動物公園」は、これにて終了といたします。
※次回「法隆寺」は夏の撮影でしたので、またの機会として、11月取材の奈良の「天平の宮廷料理」をご紹介。

Posted by 小池 泉壬 at 14時16分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年10月22日(木)

シャボテン公園9…可愛い小動物とメキシカンビュー [行った気になる+動物]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

ナマケモノはどこ?

前回に続いて、第4温室から「第5温室」への通路で、小動物たちを見ながら進みます。
「パカ」のお次は、前足の指が2つの「フタツユビナマケモノ」のブース。
窓に『なまけものはどこ?』とありますが、元々スローモーなナマケモノは、ほかの肉食動物に見つからないよう、樹の上でじっとしている動物なので、飼われている状態でも、なかなか見つけにくいのです。
※ナマケモノには「ミツユビナマケモノ」という、前足の指が、3本の種類もおります。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

「フタツユビナマケモノ」

そして、真剣に探しましたら、いましたいました、上の写真の左側の、緑の葉の陰に。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「ムツオビアルマジロ」のブース

こちらのブースには「ムツオビアルマジロ」が入っています。

画像(180x119)・拡大画像(550x366)

「ムツオビアルマジロ」

こちらが住人(?)の「ムツオビアルマジロ」くん。
体の真ん中辺りのウロコ帯の、太いのが6本なのでムツオビなのです。(ウロコは毛が変化したものだそう)
ココノオビアルマジロというのもいますが、ボールみたいに丸くなれるのはミツオビだけとのことです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「ミナミコアリクイ」のブース。隣りも

その横にあったのが、今や大人気の「ミナミコアリクイ」のブースで、私が取材したとき(2014年12月)には、ご覧の通り、改装中でお留守でした。

画像(180x89)・拡大画像(601x300)

「コン」と「トト」

こちらが、今や大人気のミナミコアリクイの兄弟「コン」と「トト」です。(画像はシャボテン公園さんのHPより)
最近(2020年6月)末っ子の「ケイ」が生まれたそうです。
7月には、写真のようなエサやり体験もやっていました。
カッワイー♪

画像(180x118)・拡大画像(570x376)

前方にこんな光景が

現在は、もう少し小動物が増えているようですが、2014年当時は、もう少し進むと、前方にこんな光景が現れました。
シャボテン公園名物(?)の、手づくり文化祭風ディスプレイですね。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

『メキシカンハロウィン 死者の日』ディスプレイ

ここには、可愛い(?)ドクロがいっぱいあり、『メキシカンハロウィン 死者の日』の説明があります。
※ディズニー・ピクサーの『リメンバー ミー』ご参照

画像(180x120)・拡大画像(560x376)

「金鯱」の大きさ順の展示

それから、次の「第5温室」に関連する、よく見るサボテン「金鯱(キンシャチ)」が、大きさ順に展示されています。
5年生から50年生まで、年月で段々大きくなっていくんだなぁ、と思わせておいて…、

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「第5温室」

「第5温室」に入ると、その「金鯱」が、この大きさになっています!
どうやら、日本一の大きさの「金鯱」だということです。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「大極殿」と「リュウゼツラン」

「第5温室」のテーマが「メキシコ館」ということは、『死者の日』の展示から、想像していましたが、やはりメキシコとサボテンは、相性ぴったりですね。
トゲの猛々しいのは「大極殿」、隣りの大きい葉が、メキシコと言ったらこれだよ!みたいな「テキーラ」の材料、「リュウゼツラン」であります。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「銀世界」

こうして、メジャーなサボテンのところには、サボテン名が立っていますので、サボテン好きな方には嬉しい展示が続きます。
「銀世界」は、名札の足下にある可愛らしい白い毛玉みたいなので、ふかふかに見えますが、触ると棘が痛いのです。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「猩々丸」と「玉翁」ほか

こちらにも、真ん中辺りにちょっと伸びてる「猩々丸」、その右に白いまん丸な「玉翁」、手前のは赤い可愛い花が咲いてました。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

碧塔、象牙ウチワ、巨人団扇

メキシコというと、西部劇で見たような背の高いサボテンも並んでいます。
真ん中の、ひょろっとしたのが「碧塔」、その右下に、いかにもサボテン的な形状の、ウチワサボテンの仲間「象牙ウチワ」が群生しています。
見えにくいですが「碧塔」の後ろには、食用サボテンとして有名な「巨人団扇」が生えています。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

見事なのっぽサボテンたち

とにかく、背の高いサボテンを見てると、アリゾナとかメキシコに行ったような気になりますね。
とにかく、元はちっちゃなサボテンが、15年くらいで30p、腰の高さ(90pくらい)になるのに、30年程かかるんだそうですから、この見事なサボテンになるのに、何十年かかってるんでしょうかねぇ。
次回は「伊豆シャボテン公園」のまとめ、とさせて頂きます。

Posted by 小池 泉壬 at 10時56分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.